サンカルナ

ミドリムシに細胞壁はある?栄養吸収率93.1%の秘密

59種類の豊富な栄養素や、パラミロンを始めとした独自の栄養素を持つミドリムシ。
ミドリムシの特徴のひとつは、細胞壁がないことです。
細胞壁について、理科の授業で習ったことを何となく覚えているって方もいらっしゃるのでは?
実は、細胞壁がないことは、栄養素を効率よく体内に吸収するためにとても重要なポイントなんです。動物と植物の特徴をあわせ持つミドリムシの、細胞壁がないことのメリットと、驚異的な栄養吸収率についてご紹介します。

管理栄養士

この記事を監修した専門家

管理栄養士 阿部由美

【経歴】十文字学園女子大学卒業後、管理栄養士を取得。同大学で研究助手をしたのち、食品メーカーにて健康に関する情報発信や、共同研究先大学に出向し研究に従事。糖化反応によるメラニン産生作用を発見、特許出願。化粧品の開発にも携わる。

目次

1.ミドリムシには細胞壁がない!?
2.まとめ

1.ミドリムシには細胞壁がない!?

ミドリムシには細胞壁がない!?
栄養の補助食品としてミドリムシを見たときの大きなポイントは、栄養吸収率がとても高いことです。それは、野菜や果物などのほとんどの植物に存在する細胞壁がミドリムシにはないことが大きな要因なんです。
栄養吸収率というのは、摂取した栄養素が体内に吸収される割合のことをいい、当たり前ですが、高い方が望ましいです。
ここからは細胞壁の役割や、ミドリムシの栄養吸収率について紹介します。

細胞壁とは?

細胞壁とは?
少し難しい話になってしまいますが、細胞壁とは、植物の細胞の最も外側にある丈夫な皮膜のことをいいます。
動物でいうところの骨格のような役割のもので、植物が形を維持するために不可欠なものです。また、植物の大きさを決める役割、外部のウイルスや細菌、カビなどから守ってくれる役割もあります。
私たちほ乳類にとって骨が不可欠であるのと同じように、植物にとって細胞壁はなくてはならないものなんですね。

ミドリムシには細胞壁がない!

ミドリムシには細胞壁がない!
動物と植物の性質を併せ持っているミドリムシには、細胞壁がありません。
そのため、ミドリムシは自分で自由に形を変えることができますし、生育可能な環境を求めて自分の力で移動することができます。細胞壁に守られなくても、自分を守れるということですね。

ミドリムシの栄養吸収率はなんと93.1%!

93.1%。これは、ミドリムシを摂取したときの栄養吸収率です。
野菜の栄養吸収率が平均約40%、健康食品として古くから知られるクロレラでも40~60%ほどなので、ミドリムシの栄養吸収率の高さがわかりますよね。
栄養吸収率

  • ミドリムシ・・・93.1%
  • 野菜・・・40%
  • クロレラ・・・40~60%

細胞壁はとても固く、例えば野菜を食べるとき、細胞壁が栄養の吸収を邪魔してしまい、思うように栄養吸収できません。しかし、ミドリムシは細胞壁がないため、栄養吸収率が高くなるのです。

ミドリムシには人が生きるための全ての栄養素付き!?

ミドリムシには人が生きるための全ての栄養素付き!?
ミドリムシには、59種類の豊富な栄養素が含まれています。ビタミン、ミネラル、アミノ酸など人が健康に生きていくために必要な栄養素が、なんと59種類も。
しかもそれらがバランス良く含まれているんです。
カロリーさえ補えば、ミドリムシは人が健康的に生きるためのすべての栄養素を備えている、という専門家もいます。
バランスの良い豊富な栄養素を、93.1%も摂取できることは、ミドリムシならではのスゴさですね。
59種類の栄養素について詳しくはこちら※こちらの記事は未監修です。

2.まとめ

ミドリムシが細胞壁を持っていないこと、そしてそのおかげでなんと93.1%もの高い栄養吸収率を誇ることを紹介しました。野菜の栄養吸収率が平均約40%、クロレラが40~60%ということですので、ミドリムシの栄養吸収率がいかに驚異的か一目瞭然ですよね。
ミドリムシには、動物性・植物性両方の栄養素が59種類も含まれてします。しかも、豊富にバランスよく栄養が詰まっています。種類豊富でバランスの良い栄養素をほぼ丸ごと摂取できるのは、現在確認されている限りではミドリムシだけの特徴です。
野菜の場合には、加熱したりよく噛んで食べたりして栄養吸収率を高める工夫をしますが、ミドリムシの場合、何も考えずにそのまま口に入れても栄養をたくさん吸収できるということです。豊富な栄養が、手軽に、ほとんど丸ごと摂取できるミドリムシって、スゴいですよね。

関連記事

ピックアップ記事

良好な肌の具合を確かめる女性の写真│ユーグレナの化粧品は肌に良い効果が期待できる

ユーグレナ化粧品で艶肌に?3つの美肌効果の謎に迫る!

59種類もの栄養素を含んだ注目の栄養食品のユーグレナ(ミドリムシ)。 実は、そのユーグレナは「化粧品」の成分としても数多く商品化され、…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る