ミドリムシに含まれる成分シリーズ(ミネラル) 骨や神経の生成、健康維持に関わる「マンガン」

このカテゴリーでは、ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる成分をひとつずつ紹介しています。
今回は微量元素(ミネラル)の「マンガン」の登場です。

重要器官である下垂体の機能向上も

下垂体のイラスト

乾電池の材料として知られているマンガンは、私たちの体の中で以下のような働きをしています。

  • タンパク質や糖質、脂肪などを消化吸収する酵素を活性化
  • 血液などの生成に深く関係
  • 消化作用を補助
  • 骨や靭帯、神経などの健康を維持し強化
  • 脳の下にあり多くのホルモンを分泌する下垂体の機能を高める

マンガンを多く含む食品は、 レバー、ほうれん草、穀類、ナッツ類、大豆、お茶 などが挙げられます。

骨や血液の状態を正常に保つ

人間の骨のイラスト

マンガンは自然界に多く存在しているミネラルなので、通常の生活を送っていれば欠乏することはほとんどありません。

しかし、極度に不足すると

  • 発育不全
  • 骨の退化
  • 血糖値の上昇
  • 血中脂肪酸が増え動脈硬化の危険性が増す

など、特に血液に関するトラブルが起こりやすくなります。

 一日の摂取量は、成人男性が4mg、女性が3~3.5mgで上限は10mg とされています。

まとめ

マンガンはエネルギーを生み出す仕組みのほか、血液、ホルモン、骨、神経などの健康維持という重要な役割を担っています。

食事やサプリメントを使ってしっかりと摂取しましょう。

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

アンティークな時計の画像

アンチエイジングにもユーグレナ。時に逆らう力とは?

日本語にすると「抗老化」や「抗加齢」といった、若返りの意味を持ちます。特に美容で使われることが多いですが、アンチエイジングには「時に逆らう」…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る