乳酸菌とユーグレナの出会い。それは腸へしっかり届いて働きます!

乳酸菌と聞くと、ヨーグルトを思い浮かべる方も多いと思います。

便秘やアレルギーに効くとして、昔から多くの人々に愛用されてきましたが、果たして本当に効果はあったのでしょうか?
ユーグレナ(ミドリムシ)が、乳酸菌と相性がいいことが、研究でわかっています。

そもそも、乳酸菌って何?

美味しそうなヨーグルトのイラスト

なんだか身体にいいもの、として認識している乳酸菌ですが、本来、どんな働きをするのでしょうか?

乳酸菌とは、乳酸などの酸を作り出す細菌のことで、ヒトの体内にも住んでいます。

よく善玉菌と呼ばれますが、これは腸内のビフィズス菌など有用な菌を増やし、乳酸や酢酸を作ることで腸の運動を活発にし、悪玉菌が増えるのを抑制するのです。

悪玉菌が増えるとどうなる?

悪玉菌のイラスト

腸内にいる悪玉菌が、善玉菌より多くなってしまうと、 腸のぜん動運動が妨げられ、便秘になります 

腸という器官は、拡げるとテニスコート一面分にもなると言われ、そこに便がいつまでも溜まると…肌荒れ、体臭がきつくなる、肥満、冷え性などなど、様々な影響が出てきます

 放っておくと、ガンなどの重大な病気になりかねませんので、乳酸菌で腸を善玉菌有利にしておきましょう。 

有胞子性乳酸菌とは?

普通の乳酸菌は、乾燥・熱・酸に弱いのです。

だから、せっかく食事やサプリメントで摂っても、なかなか生きたまま腸まで届いてくれません。

ですが、有胞子性乳酸菌は殻のようなもので菌が守られた状態になります。だから、生きたまま腸まで届き、善玉菌を増やしてくれるのです。

そう、乳酸菌を守り、腸まで生きたまま届けるのが有胞子性乳酸菌なのです。

まとめ

ユーグレナは乳酸菌と相性がよく、これまで相性がいいとされてきたオリゴ糖よりも乳酸菌の活性化を促すと、研究結果が発表されています。

有胞子性乳酸菌配合の「ミドリムシエメラルド」なら、生きたまま腸まで届いた乳酸菌が、ユーグレナと出会うことでさらに力を発揮してくれるでしょう。

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

錆びた鎖の画像

ユーグレナの抗酸化作用で、身体の内側から老化を防ぐ!

同じ年齢なのに若く見える人がいます。それを握るのが「活性酸素」。単語だけ聞くと、身体に良さそうですが、実はこれが 老化のスピードを左右 して…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る