ミドリムシに含まれる成分シリーズ(アミノ酸) 体内で作ることができないアミノ酸「必須アミノ酸(9種)」

このカテゴリーでは、ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる成分をひとつずつ紹介しています。
今回はアミノ酸の中の「必須アミノ酸(9種)」です。

食べ物から摂取する必須アミノ酸はバランスが大切!

アミノ酸のバランス解説イラスト

図1 出典・厚生労働省

私たちの体を構成しているタンパク質は、20種のアミノ酸からできています。
その中で 体内で合成することができない(十分に作れない)9種は、食品から摂取する必要があり、これを必須アミノ酸 と呼んでいます。

20種のアミノ酸は、そのうちの1種でも欠けてしまう(量が少ない)と、タンパク質を合成することができません。
こうしたアミノ酸のバランスについては、よく“アミノ酸の桶”として説明されます(※図1参照)。

つまり、体内で生成されない必須アミノ酸は、特にしてバランス良く摂取する必要があるということになります。
色々な食品に含まれる必須アミノ酸のバランスは、“アミノ酸スコア”という指数で表されます。

必須アミノ酸は以下の9種類があります。

  • <バリン>
  • 血液中の窒素のバランスを整え、筋肉の育成や運動能力維持に効果があります。ロイシン、イソロイシンとともに分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれています。

  • <ロイシン>
  • 筋肉の育成や維持に関わっています。運動時のエネルギー源でもあり、肝機能の向上にも関係しています。育毛効果もあると言われています。また、脳内麻薬と呼ばれる神経伝達物質・エンドルフィンと同様の効果を持っており、ストレス緩和作用があります。

  • <イソロイシン>
  • 肝臓の機能を向上させてグリコーゲンの合成を促すことで疲労を回復させる効果があります。また、筋肉の強化、血管の拡張、肝機能の向上、神経の伝達などをサポートするといった働きがあります。ロイシンと同様にストレス緩和作用もあります。

  • <リジン>
  • 細胞やウイルスへの抗体を構成し、成長や免疫力向上させます。肝機能を活性化させるほか、最近は育毛剤の成分としても注目されています。

  • <スレオニン(トレオニン)>
  • 肝臓への脂肪蓄積を防ぐ効果があります。

  • <メチオニン>
  • アレルギーの原因とされる血液中のヒスタミンを排出します。老廃物の排出や抗うつ作用、脂質の代謝、発毛などの働きを担っています。

  • <フェニルアラニン>
  • ドーパミンやアドレナリン、ノルアドレナリンといった興奮性の神経伝達物質を作ります。抗うつ作用も期待されています。

  • <ヒスチジン>
  • 体内で作られますが、猛スピードで発育する幼児に欠かせない成分ということで、1985年から必須アミノ酸のグループに入りました。成長の促進や神経機能のサポート、食欲の抑制、脂肪を燃やすなどの働きがあります。

  • <トリプトファン>
  • 牛乳から発見された必須アミノ酸です。精神安定効果がある神経伝達物質・セロトニンの原料になります。また、気分を高揚させる神経伝達物質であるドーパミンとノルアドレナリンの合成に、チロシンとともに作用します。

まとめ

アミノ酸はバランス良く摂取しなければいけません。

食品のアミノ酸スコアを知り、それぞれを補うように食べることも大切です。
ユーグレナはアミノ酸バランスという点でも非常に優れた食品です。
 詳しくはアミノ酸スコアの項をご覧ください。 

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

睡眠不足の女性

ユーグレナで睡眠不足を解消!上質の睡眠が体調を変える?!

忙しくて睡眠時間が確保できないという睡眠不足と、ベッドに入っているのに眠れないいわゆる不眠症という睡眠不足があります。睡眠不足はなぜ起こるの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る