体内で300種以上の酵素と反応する「マグネシウム」

このカテゴリーでは、ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる成分をひとつずつ紹介しています。今回は必須微量元素(必須ミネラル)に分類される「マグネシウム」です。

カルシウムとのバランスを考えて摂取しよう!

診察する医者のイラスト│人間が行っているほとんどの酵素反応に関わっている「マグネシウム」とは?

マグネシウムは体内で300種以上の酵素による反応に関係している成分です。300種という数字は、人間が行っているほとんどの酵素反応と言えます。

具体的には

  • 骨を健康に保つ
  • 神経伝達
  • ホルモン分泌
  • 筋肉の収縮

などです。

マグネシウムが無ければ、私たちは体を維持することができないと言っても過言ではありません。ちなみに、筋肉の収縮に大きく関わっているマグネシウム不足でよく起こる症状のひとつが、こむら返りです。

また、 マグネシウムと密接な関係にある成分がカルシウム です。

骨や筋肉細胞内でのカルシウム量をコントロールしているのがマグネシウムであり、カルシウムとマグネシウムを2:1のバランスで摂取することが推奨されています。このバランスが崩れると筋肉の収縮がスムーズに行われなくなり、狭心症や心筋梗塞などの危険度が増すと言われています。

また、ストレス状態の人の尿には通常よりも多くのマグネシウムが排出されています。これは、ストレスへの防衛反応としてマグネシウムが消費されるためです。ストレスによりマグネシウムが減少すると、さらにストレスによるトラブルが増すという悪循環に陥ってしまいます。

マグネシウムとともにカルシウムも神経に関連する細胞と深い関係があることから、前述の2:1のバランスを保つことは精神的安定においても非常に重要です。

軟便や下痢を引き起こす過剰摂取に注意!

下痢や軟便に苦しむ男性の画像│ミドリムシ(ユーグレナ)にも含まれる「マグネシウム」は過剰摂取により軟便や下痢を引き起こす

マグネシウムを多く含む食品は以下が挙げられます。

  • ナッツ類
  • ひじき、ワカメ
  • 納豆
  • ゴマ
  • バナナ
  • ホウレンソウ

ただ、注意したいのはマグネシウムの過剰摂取が軟便や下痢を引き起こすことです。マグネシウムは下剤の成分として使われています。以前、マグネシウムを多く含んでいる『にがり』を使ったダイエットが流行した際に頻発した健康被害はこの下剤効果によるものがほとんどでした。

国が発表している日本人のマグネシウム平均摂取量を見ると、若干足りていないという結果が出ています。足りていないかもと感じる場合は、過剰摂取に気をつけながら、 他のミネラルとともに補給 するようにしましょう。

まとめ

日本ではマグネシウムやカルシウムなどのミネラル不足をことさらに強調する風潮があります。

しかし、当然ながらそれぞれの成分のみを大量摂取することは健康的行為とは言えません。特にカルシウムとマグネシウムは2:1という比率を意識して摂取することが重要です。

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

c6855af616e2dc6bdfae68a6f6749b83_s

美肌モデルや女優もミドリムシを愛用!

メディアでも大きく取り上げられているユーグレナ(ミドリムシ)は、アンテナの高い有名人たちの間でも人気です。「キレイ」でいることが必須…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る