セリン

皆さんこんにちは。
長々と更新を紹介してきましたドリムシに含まれているアミノ酸もの残りあと2種類。
今回紹介するアミノ酸は「セリン」です。
このセリンは体内でも生成される非必須アミノ酸ですが、人間のたんぱく質を構成している重要なアミノ酸なんですよ。pic17-1

セリンで肌の若返り

セリンはリンは、脳を構成する神経細胞の材料となるため、アルツハイマーの予防などで注目されている重要な成分ですが、もう一つ、美肌を保つ効果があることで知られています。
その為、化粧品の多くにその成分として配合されています。

pic17-4

こんなに凄い!セリンの若返り効果

セリンは肌の角質層に最も多く存在し、肌の潤いを保つ効果があります。
また、セリンは体内でシステインと呼ばれる成分に変換されます。
このシステインは非必須アミノ酸の一種で、毛髪や皮膚、爪の多く存在し、肌の生まれ変わりを促進するだけでなく、シミやそばかすの原因となるメラニンの形成を抑制するため、美白にも効果的です。

???????????????????????????????

このような美肌効果に直結するセリンですが、もし不足すると、逆に肌荒れやしわの原因となっていまします。
セリンは過剰に摂取しても特に体に悪影響を与えることはないなため、お肌が気になる人は是非日頃から摂取するようにしたいものですね。

どんなものにセリンは含まれているか

セリンは牛乳や大豆、高野豆腐、イクラ、かつお節、海苔に多く含まれます。
中でも、牛乳、特にそのたんぱく質の内80%を占めるカゼインに多く含まれています。
牛乳といえばお肌がツルツルになることから、風呂上がりに化粧水代わりに少量の牛乳をお肌に塗っている女性がいますが、この効果はセリンによるものだったのですね

pic17-5

さて、ミドリムシに含まれているアミノ酸の紹介もいよいいよあと1種類。
次回でアミノ酸編は最終回です。
どうか最後までお付き合いください!!

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

錆びた鎖の画像

ユーグレナの抗酸化作用で、身体の内側から老化を防ぐ!

同じ年齢なのに若く見える人がいます。それを握るのが「活性酸素」。単語だけ聞くと、身体に良さそうですが、実はこれが 老化のスピードを左右 して…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る