チロシン

皆さんこんにちは。
ミドリムシに含まれている18種類のアミノ酸のうち、今回ご紹介しますのは「チロシン」です。
えっ?、確か昔、そんな名前のモヒカン頭のミュージシャンがいたはずですと?
惜しい!!それは「Chirolyn(チロリン)」です。
確かに名前は似ていますが、「チロシン」はうつ病対策に効果のあるアミノ酸のことです。pic11-3

チーズから発見されたチロシン

「チロシン」はギリシャ語で「チーズ」を指してり、その名前の通りチーズの中から発見されました。

pic14-1

チーズなどの乳製品の他にも「リンゴ」や「バナナ」などの果物にも多く含まれています。
よいうことはこのアミノ酸はもしかしたら「リンゴ」や「バナナ」という名前になる可能性もあったということですね。
このチロシンは糖分と一緒に摂取すると吸収が良くなる特徴があり、当分も多く含む果物から摂取することで効率良く摂取することができます。
とはいえ、チロシンは人間の体内でも生成される非必須アミノ酸であるので、よほどのことがない限り欠乏することはありません。

pic14-2

チロシンの抗うつ効果

チロシンは主に神経伝達物質の原料となり、うつ状態を改善する効果があります。
具体的には、チロシンは脳を興奮状態にしてやる気を起こさせるドーパミンや、脳を緊張状態にし集中力を高めるノルアドレナリンの材料となるため、脳が活性化し、うつ状態が改善するわけです。
逆に言えば、ドーパミンやノルアドレナリンが脳内で不足すると、無気力や無関心を引き起こし、うつ病となります。
また、チロシンには、ストレスや疲労を緩和する効果もあるのです。

pic14-3

このようなチロシンは勿論、ミドリムシにも含まれています。
もし気落ちした時やストレスを感じた時はチーズや果物だけでなく、みどりむしサプリメントを飲むのも良いかもしれませんね。

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

錆びた鎖の画像

ユーグレナの抗酸化作用で、身体の内側から老化を防ぐ!

同じ年齢なのに若く見える人がいます。それを握るのが「活性酸素」。単語だけ聞くと、身体に良さそうですが、実はこれが 老化のスピードを左右 して…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る