ミドリムシに含まれる成分シリーズ(ビタミン) “止血のビタミン”「ビタミンK1」

このカテゴリーでは、ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる成分をひとつずつ紹介しています。
今回は「ビタミンK1」の登場です。

血液を凝固させて出血を止める

膝をすりむいて泣いている女の子のイラスト

ビタミンK1は脂溶性成分で、「フィロキノン」とも呼ばれています。

ビタミンKには、植物の中に存在するビタミンK1と、動物の体内で作られるビタミンK2があります。
体内での働きはほとんど同じで、血液を凝固させる力を持っています。
この「K」は、ドイツ語で「凝固」を意味する「Koagulation」の頭文字から付けられたと言われています。

ビタミンKは、プロトロンビンという血液を凝固させるために必要なタンパク質の合成に関係し、ケガによる出血や内臓などでの出血を抑えます。

多くの産婦人科では新生児にビタミンKシロップを飲ませています。
これは、ビタミンKの止血効果による 頭蓋内出血の予防 を目的としています。

また、ビタミンKは骨の代謝やカルシウム沈着に深く関係しています。
ビタミンDとともに骨密度を維持し、骨を強く健康に保ちます。

納豆菌が腸内での生成を促進

納豆の画像

ビタミンK1は、ホウレンソウ、春菊、ニラといった緑色の濃い野菜に多く含まれています。

ちなみに、ビタミンK2は腸内の細菌によっても生産されます。
これの生産を促進するのが納豆
つぶ納豆よりもひきわり納豆がより高い効果を得られます。

まとめ

天然由来のユーグレナサプリメントは、過剰摂取の問題はほとんどありません。

しかし、このビタミンK1に関しては、抗血栓薬であるワーファリンの効果を打ち消す恐れがあるそうです。
ワーファリンを服用している方は、主治医に相談するようにしてください。

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

錆びた鎖の画像

ユーグレナの抗酸化作用で、身体の内側から老化を防ぐ!

同じ年齢なのに若く見える人がいます。それを握るのが「活性酸素」。単語だけ聞くと、身体に良さそうですが、実はこれが 老化のスピードを左右 して…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る