ミドリムシに含まれている成分の真実

これまで何度もご紹介してきたように、ミドリムシにはビタミンやミネラル、アミノ酸など59種類の栄養素が含まれています。
しかも植物性と動物性の栄養素のばタンスもよく、この意味で言えば確かにミドリムシは理想的な栄養素の塊といえます。
しかし、最近ふと気付いたのですが、「必要な栄養素が含まれていること」と「必要とする量を満たしていること」は全くの別のことなのではないか。
・・・ということで、ミドリムシにどのくらいの栄養素が含まれているのか調べてみました。ミドリムシに含まれる栄養素がどれくらいか悩む男性のイラスト

ミドリムシに含まれている栄養素の量はどのくらい?

ミドリムシはあまりに小さいため、単体に含まれている量の測定はほとんど無意味です。
そこで、100gの含まれている含有量と人間が1日に必要とする量と比較してみます。

各種ビタミンを含有するミドリムシ(みどりむし)のイラスト

ビタミンの含有量

成分名 ミドリムシ100gの含有量 1日に必要な量
ビタミンB1 18.1mg 1.1mg(女性0.8mg)
ビタミンB2 6.06mg 1.2mg(女性1mg)
ビタミンB6 1.36mg 1.6mg(女性1.2mg)
ビタミンB12 0.19mg 2.4μg(女性2.4μg)
ビタミンC 5mg 100mg(女性100mg)
ビタミンD 23.80mg 2.5μg(女性2.5μg)
葉酸 0.99mg 200μg(女性200μg)

「μg」はあまり馴染みのない単位ですが、μ(マイクロ)は百万分の一を表します。
つまりミリのさらに千分の一の量です。
こうして見ると、ミドリムシ100gのビタミンの含有量はビタミンCを除けばほぼ必要量を満たしていることが分かります。
なお、ミドリムシは他にもαカロテン、βカロテン、ビタミンE、ビタミンK、ナイアシン、パントテン酸、ビオチンという7種類のビタミンを含んでいますが、これらに対する含有量のデータはありません。

ミネラルの含有量

成分名 ミドリムシ100gの含有量 1日に必要な量
リン 1820mg 700mg(女性700mg)
亜鉛 75mg 11~12mg(女性9~10mg)
カルシウム 196mg 600~700mg(女性600mg)
マグネシウム 333mg 310mg~320mg(女性250mg~260mg
ナトリウム 540mg 規定なし
カリウム 443mg 2000mg(女性2000mg)
43mg 10mg(女性12mg)

ミドリムシ100gに含まれているミネラルはカルシウムとカリウム以外はほぼ必要量を見たいしています。
なお、ミドリムシは他にマンガン、銅を含んでいますがこれらの含有量に関するデータは存在しません。

アミノ酸の含有量

成分名 ミドリムシ100gの含有量 1日に必要な量
イソロイシン 1.57mg 20mg
リジン 2.83mg 30mg
メチオニン 0.87mg 10.4mg
ヒスチジン 1.06mg 10mg
バリン 2.57mg 26mg
スレオニン 2mg 0.5g
フェニルアラニン 1.79mg 25mg
ロイシン 3.30mg 39mg
トリプトファン 0.70mg 2mg
プロリン 2.45mg 500~1000mg
シスチン 0.66mg 4.1mg
アルギニン 4.19mg 2~10g
グルタミン酸 4.90mg 200-600mg
セリン 1.71mg 100-300mg
アラニン 3.03mg 規定なし
アスパラギン酸 3.83mg 規定なし
チロシン 80mg 25mg/体重1kg
グリシン 210mg 3000mg

アミノ酸に関しては意外な結果ですが、ミドリムシ100gのアミノ酸の含有量は1日に必要な量をほとんど満たしていません。
ということは、アミノ酸に関してはミドリムシだけで摂取しようとすると確実に欠乏するということになります。

不飽和脂肪酸の含有量

成分名 ミドリムシ100gの含有量 1日に必要な量
DHA 80mg 1g~1.5g
EPA 210mg 1g~1.5g

ミドリムシは他にパルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、エイコサジエン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸、ジホモγ-リノレン酸が含まれています。
しかし不飽和脂肪酸に関してはDHAとEPA以外の含有量のデータがなぜか存在しません。
さらに、その両者にしても1日の摂取量と比べた場合、満たしているとはいいがたい数字です。

みどりむしサプリメントだけでは栄養補給は難しい

上のデータから判断する限り、ミドリムシはビタミンとミネラルは必要量をほぼ見たいしているのに対し、アミノ酸と不飽和脂肪酸は不足しています。
またここで注意しなければなならないことはこのデータはミドリムシ100gに対する数字であるということです。
ミドリムシサプリメントに含まれているミドリムシは1粒あたり最大で250mg、1日の摂取量は平均で3粒ですから、合計すると約1g。
つまり上の数字は1/100まで小さくなります。
・・・率直に言って、みどりむしサプリメントだけで不足している栄養素を補給しようというのは結構難しいです。
「理論上、みどりむしだけで人間は生きていける」と言われていますが、あくまでこれは含まれている栄養素の数だけの話の様ですね。

ミドリムシ(みどりむし)を粉末にした写真

みどりむしサプリメントの価値が下げる訳ではない

含有量に着目した場合、意外な結果になってしまいましたが、強調しておきたいことはこれでみどりむしサプリメントの価値がないということにはなりません。
第1に量はともかくすべての栄養素を効率よく吸収できるというのは本当です。
第2にこれまでご紹介してきた便秘や肥満の解消を初めとするミドリムシの様々な効果もまた本物だからです。
重要なのはミドリムシにもく欠けているものもあるということをきちんと理解し、それを踏まえたうえでミドリムシを上手に使っていく姿勢なのです。

ミドリムシ(みどりむし)サプリメント・ミドリムシエメラルドの商品写真

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

手のひらに化粧品をのせる画像

ユーグレナの化粧品って、本当に効くの?その効果に迫ります!

完全栄養食品として優秀なユーグレナ(ミドリムシ)ですが、実は化粧品としても商品化されており、口コミによるその効果が凄いと人気なんです!その効…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る