ミドリムシに含まれているその他の成分

皆さんこんにちは。
毎回、ミドリムシに含まれている栄養素をご紹介してきた当ブログですが、前々回の更新で不飽和脂肪酸のご紹介が全て終了いたしましたので、いよいよ今回より最終章「その他の栄養素」に入ります(う~むここまでくるのに実に長かった・・・)
ミドリムシにはこれまでご紹介してきた「ビタミン」「ミネラル」「アミノ酸」「不飽和脂肪酸」のいずれにも当てはまらない栄養素が何と7種類も含まれているのです。pic0

”その他の栄養素”とは?

人間に必要な栄養素は45~50種類ほどあると言われていますが、特に私たちの体を支え、調子を整えてくれて働きのある「炭水化物」、「たんぱく質」、「脂質」、「ビタミン」、「ミネラル」の5つを五大栄養素と呼んでいます。
ちなみに「炭水化物」及び「タンパク質」は「アミノ酸」、「脂質」は「不飽和脂肪酸」のことですね。

pic33-2

一般的に栄養といえばこの5大栄養素のことを指すことがほとんどなのですが、実際にはこの5大栄養素に分類されない栄養素も存在します。
例えば、ミドリムシに含まれている全59種類の栄養素うち52種類はこの5大栄養素に分類されるものですが、残りの7種類は5大栄養素に分類されないものです。

ミドリムシに含まれる5大栄養素以外の栄養素

5大栄養素以外の栄養素としてミドリムシは、パラミロン(β-グルカン)、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシンの7種の栄養素を保持しています。
中でも有名なのはパラミロン。
これは地球上でミドリムシしか保持していない栄養素です。

pic33-4

ではこれらの栄養素は具体的にどのような栄養素なのでしょうか?
次回の更新から詳しく見ていくことにしましょう。

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

睡眠不足の女性

ユーグレナで睡眠不足を解消!上質の睡眠が体調を変える?!

忙しくて睡眠時間が確保できないという睡眠不足と、ベッドに入っているのに眠れないいわゆる不眠症という睡眠不足があります。睡眠不足はなぜ起こるの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る