ユーグレナの亜鉛で骨を強化!ミネラル豊富で体の芯から元気に

ミネラルとは、糖質、タンパク質、脂質、ビタミンと並ぶ5大栄養素の一つ。

ミネラルとは、糖質、タンパク質、脂質、ビタミンと並ぶ5大栄養素の一つ。

私たちの骨や血を作ったり、新陳代謝を促してくれる生活する上で欠かせない栄養素です。
しかし厄介なのは、ミネラルは体内で合成されることは出来ないので、毎日の食事などからとる必要があるということ。

全部で16種のミネラルの内ミドリムシ(ユーグレナ)には9種類ものミネラルが含まれており、飲むだけで欠如しがちな栄養素を補うことができるのです。

そこで今回は、その9種のミネラルの中から、「亜鉛」・「リン」・「ナトリウム」の3種について詳しくご説明させていただきます。

ユーグレナに含まれる9種のミネラルってどんなもの?

ミネラルは必要な量は少ないものの、人の体の中では作ることができないので食べ物から摂取する必要があり、骨などの体の組織を構成したり、体の調子を整えたりする働きがあります。

ミネラルは必要な量は少ないものの、人の体の中では作ることができないので食べ物から摂取する必要があります。

骨などの体の組織を構成したり、体の調子を整えたりする働きがあります。

ミネラル不足になると最初は貧血、めまい、頭痛、食欲不振などが起こります。

人の体の中に存在し、栄養素として欠かせないことがわかっているミネラルとして16種類が知られています。

その16種のミネラルの中で、ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれる成分は以下の9種です。

マンガン / 銅 / 鉄 / 亜鉛 / カルシウム / マグネシウム / カリウム / リン / ナトリウム

この9種から今回は、「亜鉛」「リン」「ナトリウム」の順に詳しくどのような働きをしているのかご説明いたします。

肌や髪に良い「亜鉛」

亜鉛は、主に肉類や貝類、卵に豊富に含まれる成分で、体内では約2000mg存在し、主に骨格筋・骨・皮膚・肝臓・脳・腎臓など広く分布しています。 主にタンパク質の合成に関わる酵素の材料として使われます。

亜鉛は、主に肉類や貝類、卵に豊富に含まれる成分で、体内では約2000mg存在し、主に骨格筋・骨・皮膚・肝臓・脳・腎臓など広く分布しています。
主にタンパク質の合成に関わる酵素の材料として使われます。

その亜鉛の効果は、新陳代謝やエネルギー代謝、免疫反応など、体内のさまざまな働きをサポートして正常に保つ役目を持っています。
味覚を正常に保つ働きや、また皮膚や粘膜の健康維持、体の成長を助ける栄養素で、食事で摂取したたんぱく質を骨や筋肉、髪の毛や臓器の組織に変えるために欠かすことのできない栄養素です。

牡蠣やレバー、鰻などに多く含まれ通常の食事でも十分に摂取できるため、通常はあまり不足するということはありません。
ただし、この亜鉛は排出量がミネラルの中でも特に多く、過度なダイエット次第では不足してしまうことがあります。

亜鉛はあまりにも多くの役割を担っているために、欠乏すると皮膚炎・脱毛症などが引き起こされますので、特に最近髪の生え際が気になる方は要注意!

骨や歯を丈夫にする「リン」

「リン」は、あまり聞き慣れない方も多いかと思いますが、体内のミネラルの中でもカルシウムに次いで2番目に多い栄養素

「リン」は、あまり聞き慣れない方も多いかと思いますが、体内のミネラルの中でもカルシウムに次いで2番目に多い栄養素です。
成人体重の約1%(50kgで約0.5キログラム)にあたります。

体内のリンは、その85%がカルシウムやマグネシウムと結び付いて、それぞれリン酸カルシウム、リン酸マグネシウムとなって骨組織に付着し、骨や歯といった硬組織を形成しています。残りの15%は、筋肉、脳、神経なと広く組織内に含まれ、エネルギー源となる必須の栄養素です。

まさに人が生きていく上で不可欠な栄養素なのですが、魚類、牛乳・乳製品、大豆、肉類に多く含まれており、通常、不足することはまずありません。

神経組織の働きを正常に保つ「ナトリウム」

ナトリウムは、私たち人間が生きていく上で欠かすことのできない必須のミネラルです。ご存知の通り、「塩」などで摂取することができます

ナトリウムは、私たち人間が生きていく上で欠かすことのできない必須のミネラルです。ご存知の通り、「塩」などで摂取することができますよね。

ナトリウムは体重の約0.15%あり、そのうちの3分の1は骨に、残りは多くが細胞外液に存在しており、細胞内液に含まれるカリウムとのバランスを保つことで、細胞を正常に機能させています。また、血圧にも関係することからも注目されています。
細胞機能の維持には欠かせないミネラルで、筋肉や神経を正常に保つ働きがあります。

体内で不足すると細胞の機能に影響を及ぼしてしまいすが、普段の生活を行う上では十分な量を摂取しているため不足することはほとんどありません。
しかし、過剰摂取には要注意!高血圧、胃癌、動脈硬化などのリスクが高まる可能性があります。
このため、普通の食事でも日頃から注意する必要があります。「塩分を摂り過ぎないように」と昔から言われていますよね。

まとめ

亜鉛、リン、ナトリウムの効果についての説明でしたが、どれも生きていく上で欠かせない栄養素です。もちろん、16種のミネラルの内どれが不足しても体に影響がでてきます。今回は3種に関しては、成分が含まれた食品が多く余程の事がない限り不足することはないでしょう。

ミドリムシには、9種のミネラルをバランス良く摂取することができるので、気になる方は活用していただきたいと思います。

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

アンティークな時計の画像

アンチエイジングにもユーグレナ。時に逆らう力とは?

日本語にすると「抗老化」や「抗加齢」といった、若返りの意味を持ちます。特に美容で使われることが多いですが、アンチエイジングには「時に逆らう」…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る