ミドリムシに含まれるミネラル

皆様、あけましておめでとうございます。
前回までミドリムシに含まれている14種のビタミンの詳細を解説して参りましたが、今回からはミネラル編に突入です。
これから4回にわたってミドリムシに含まれているミネラルの解説をしたいと思います。

そもそもミネラルって何だろう?

ミネラル(無機質)は糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと並ぶ五大栄養素の1つであり、骨などの体の組織を構成したり、体の調子を整えたりする働きがあります。
人間にとってはまさに生きていくうえで必要不可欠な栄養素ということでね。

pic1-1

「骨を作る」と聞くと牛乳を連想するかもしれませんが、それはズバリ正解です。
牛乳に大量に含まれているカルシウムはまさにこのミネラルの代表的な栄養素の1つなのです。
ただ、ミネラルは他の栄養素と異なり、体内で作ることは出来ないため、毎日の食事からとる必要があるというのが最大の問題です。

ミドリムシで効率の良い摂取

日本においてはカルシウムを始め、亜鉛・鉄・銅など13種のミネラルを毎日一定量をきちんととることが厚生労働省によって定められた健康増進法で求められていますが、これらを毎日とることは結構大変です。

pic1-2

しかし、ご安心を。
栄養満点なミドリムシならばこの困難な問題もラクラク解決です。
何とミドリムシには次のようにこの13種類のうち実に9種類ものミネラルが含まれているのです。

日本における健康増進法に定められたミネラル13種
亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・リン
ミドリムシに含まれているミネラル9種
亜鉛、リン、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、鉄、クロム、銅

pic1-3

つまりみどりむしサプリメントを飲めば効率よく摂取が大変なミネラルもその大半を効率よく摂取できるわけです。
これって実においしいですよね!!
まあ、ミドリムシ自体は無味無臭なんですけどね(笑)
さて、次回からはミドリムシに含まれているミネラルの実際の効能についてお話します。
今年は頑張って更新してゆきますので、今後ともよろしくお願いします。

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

アンティークな時計の画像

アンチエイジングにもユーグレナ。時に逆らう力とは?

日本語にすると「抗老化」や「抗加齢」といった、若返りの意味を持ちます。特に美容で使われることが多いですが、アンチエイジングには「時に逆らう」…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る