ユーグレナ(ミドリムシ)ってどんな生き物?

ユーグレナ「Euglena」・・・美しい目 という意味があるそうです。

日本では「ミドリムシ(みどりむし)」なんて呼ばれていて、ロマンティックじゃないですね~(笑)

ユーグレナは、5億年以上前から変わらず行き続けている生命力の強い生物で、葉緑体を体に取り込んで生きているようです。
体のみどり色は、みなさんよくご存知のクロロフィルの色みたいです

ユーグレナは体の中に葉緑体を取り込んでいるので、当然、生命活動として光合成をします。
光合成=二酸化炭素を栄養素として酸素を吐き出す・・・小学生のときに理科の授業で習いました(笑)
だから、地球温暖化のストッパーとしても注目されています。ユーグレナは石垣島で培養されているそうですが、世界中で沢山売れて生産需要をもっともっと増やさないと、目に見える効果として出てこないでしょうね(汗)

そこで気になるのが、石垣島の培養している場所の空気です!酸素量を素人が簡単に調べる方法ってあるの解りませんが、わたくし沖縄に足を踏み入れたことがなく、生涯一度は絶対に行きたい場所でもあるので、いつか絶対に空気を吸いにいきたいと思います!

ミドリムシは知れば知るほど不思議な生き物で、バイオ燃料にもなります。
ミドリの生き物がバイオ燃料に?! 気になりませんか?(笑)その仕組みはまた今度^^

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

錆びた鎖の画像

ユーグレナの抗酸化作用で、身体の内側から老化を防ぐ!

同じ年齢なのに若く見える人がいます。それを握るのが「活性酸素」。単語だけ聞くと、身体に良さそうですが、実はこれが 老化のスピードを左右 して…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る