ミドリムシに含まれる成分シリーズ(不飽和脂肪酸) 血液をサラサラにして生活習慣病を予防する「DHA」

このカテゴリーでは、ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる成分をひとつずつ紹介しています。

今回は不飽和脂肪酸の「DHA」です。

魚類に多く含まれる必須脂肪酸

たくさんの新鮮な魚の画像

DHAは「ドコサヘキサエン酸」という化学名の不飽和脂肪酸です。
わたしたちが生きていく上で非常に重要な成分なのですが、
体の中で合成することができないので、食べ物から摂取する必要があります。
そのため、「必須脂肪酸」とも呼ばれています。

必須脂肪酸は以下のものがあります。

DHAが注目を浴びたきっかけは、グリーンランドに住むイヌイットの食生活からです。

野菜をほとんど食べないという偏食であるにもかかわらず、彼らは脳梗塞や心筋梗塞といった生活習慣病の発症が非常に少ないことが分かりました。
その理由を調査した結果、彼らが食べているアザラシやクジラなどに含まれる
 DHAやEPA のおかげであることが分かったのです。

脂肪分の多い食事はもちろん、喫煙や飲酒、ストレスや睡眠不足など様々な原因により、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールが増加し、血液はドロドロになります。

粘っこい血液は流れにくいため、酸素や栄養を体の隅々に送ることができません。
また、血圧を上昇させ、血栓もできやすくなります。
こうしたドロドロの血液が 脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化 などを引き起こします。

そこでDHAとEPAの登場です。
DHAやEPAには血液をサラサラにする効果があるのです。

特にDHAは動脈硬化の原因とされるLDLコレステロールの血管付着を防ぐ効果があり、これはEPAよりも優れていると言われています。

DHAがやっぱり頭を良くしてくれる?!

集中して机に向かう子どもの画像

さらに、DHAには以下のような効果も期待できます。

  • 視力回復
  • 記憶力や判断力を向上させる
  • 神経細胞の修復、サポート

DHAは記憶や学習を司っている海馬という器官に多く存在しており、記憶や学習機能などに大きな影響を与えていると言われています。
そのため、乳児の脳の成長・発達には欠かせない成分なのです。

また、DHAは神経細胞の修復や機能をサポートする働きがあるとも言われています。
このため、認知症治療への効果も期待されています。

DHAを多く含む食品はマグロやサンマ、マダイなどの魚類です。
ただ、DHAは熱に弱いので、お刺身で食べるのがオススメです。

まとめ

日本人は昔から魚をよく食べていました。

しかし、よく言われていることですが、魚を食べる機会が減った現代の日本人はDHAやEPAの摂取量が減っています。

食べ物からしか摂ることができない成分の不足分は、サプリメントで補給することもひとつの方法です。
ユーグレナはDHAやEPA、さらにすべての必須脂肪酸、そして全部で59種類という豊富な栄養素を含有しています。

生活習慣病予防、脳の健康維持の観点からも、ユーグレナは非常に優れた食品と言えます。

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

二日酔いにうんざりする女性の画像

二日酔いにユーグレナ!辛い症状を緩和できる理由とは?

頭痛、吐き気、腹痛、脱水、眠気…「もう2度とお酒は飲まない」なんて、誓いたくなるほど辛い二日酔い。そんな二日酔いに、なぜユーグレナ(ミドリム…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る