花粉症にはミドリムシ

皆さん、今日は。
本日で3月もちょうど半ば。
まだまだ寒い日もありますが「3寒4温」という言葉が示すように、ふとした機会に春の到来を感じるようになりましたね。
本来なら春の訪れは喜ばしいのですが、正直言えば私はもろ手を上げて喜べません。
何故なら、毎年この季節になるとあることで悩まなければならないからです。
そう、その名は「花粉症」
近年、日本において花粉症患者は爆発的に増えているということですから恐らくこのブログを読んでおられる方の中にも同じ悩みを抱えていらっしゃる方が少なくないのでは?
そんな私も含めて毎年、花粉症に悩まされている方に朗報です。
何とミドリムシには、花粉症を抑える効能があるそうなんです!!
pic27-1

何故花粉症は起こるのか?

そもそも花粉症は免疫の過剰反応です。
例えば、風邪をひくとくしゃみや鼻水、そして場合によっては熱が出たりしますが、これは体に入ったウィルスに対して、これらを体内から駆逐するために免疫が過剰反応しているからです。
花粉症も体内で起きていることは基本的にこれと同じです。
本来は無視してもよい花粉を免疫が体に有害なウィルスと誤認してしまい、駆除するために過剰に反応し、くしゃみや鼻水、熱が出る訳です。
花粉症が風邪によく似た症状なのもメカニズムが同じなわけですから当然ですね(苦笑)

pic25-4

ミドリムシが花粉症を緩和する?

花粉症を治すには免疫が花粉を有害物として誤認しないようにすることが一番なのですが、まさにその効果を持っているのがミドリムシのパラミロンです。

pic27-3

花粉症におけるパラミロンの効果

パラミロンは、アガリスクなどに含まれているβグルカン(β1,3-グルカン)の仲間で、地球上で唯一ミドリムシにしかない成分です。
このパラミロンはどちらかといえば解毒効果の方が有名なのですが、実は、花粉症を有害物として判断する免疫細胞を減らす効果があることも近年の研究で判明してきまいた。
パラミロンの効果で誤認する者が減る訳ですから、結果として花粉症の症状も緩和されるわけです。

どのくらい効果があるか?

では実際にどのくらいパラミロンは花粉症の症状を緩和してくれるのでしょうか?
流石に完治とまではいかないようですが、ミドリムシを飲み始めてから、くしゃみや鼻水が減ったという声を多く聞きます。
個人差はあるようですが、ミドリムシを飲み始めた後では飲む目よりも症状が緩和しているというのは本当みたいですね。
また、花粉症の原因の一つには、食生活における栄養の偏りがあると言われています。
不足している栄養素を補給するという意味でもミドリムシは花粉症に効果があります。

pic8-4

4月まであと2週間。
いよいよ花粉症の本格シーズンの到来です。
毎年、花粉症で苦しまれている方は是非今年こそみどりむしサプリメントで対策しましょう。
・・・・・あっ、他人事みたいに言ってしまいましたが、それは私もですね。

pic5-1

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

睡眠不足の女性

ユーグレナで睡眠不足を解消!上質の睡眠が体調を変える?!

忙しくて睡眠時間が確保できないという睡眠不足と、ベッドに入っているのに眠れないいわゆる不眠症という睡眠不足があります。睡眠不足はなぜ起こるの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る