αカロテンとβカロテンの違い

皆さんこんにちは!いよいよゴールデンウィークが近づいてきましたね!ミドリムシ効果を最大限活かして今月を乗り切って、楽しい楽しいゴールデンウィークを迎えましょう!さて、前回はビタミンAについてお話をしましたね。今回はその補足をします。

前回、ミドリムシの成分のひとつであるビタミンAについてその効果をお話ししたところ、αカロテンとβカロテンはどう違うの?という質問が寄せられたため、そのことについてちょっとお話をしたいと思います。

ミドリムシ成分のαカロテンとβカロテンの効果の違いですが、一般的には構造上の両端の構成が違うだけと言われていたりもします。基本的にどちらも体内でビタミンAに変えられるそうです。また、αカロテンのほうがβカロテンよりも効果が低いと言われていたりもします。

ミドリムシに含まれているβカロテンは、美肌効果や粘膜を健康に保ったりと、身体の表面に対する効果が大きいようですね。また、抗酸化作用も発見され、βカロテン以外のカロテンへの研究も盛んになりました。

また、ミドリムシに含まれているαカロテンも同様に、抗酸化作用や抗癌作用などの効果が確認されています。抗癌作用に関しては、βカロテンよりも大きく作用したようです。このように、αカロテンとβカロテンはお互い似ていますね。

今回ご紹介したαカロテンとβカロテンですが、効果はどちらも同じようなものを持っていて、体内でビタミンAに変換されることを考えると、両方同時に摂取したほうがいいでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

錆びた鎖の画像

ユーグレナの抗酸化作用で、身体の内側から老化を防ぐ!

同じ年齢なのに若く見える人がいます。それを握るのが「活性酸素」。単語だけ聞くと、身体に良さそうですが、実はこれが 老化のスピードを左右 して…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る