アトピー改善にもユーグレナ!

辛いアトピーの症状を、ユーグレナ(ミドリムシ)が改善してくれる

アトピー、正式にはアトピー性皮膚炎と言います。
特に乳幼児に多い病気のようなものでしたが、近年では大人のアトピー患者も増えているとのこと。

強い痒みや湿疹、かぶれなど辛い症状に悩まされている方も多いのでは・・・?

そんな辛いアトピーの症状を、ユーグレナ(ミドリムシ)が改善してくれるということはご存知でしょうか?

「本当にミドリムシがアトピーを改善してくれるの?」と、健康・美容効果で知られているユーグレナなので、一概には信用できませんよね。

そこでここからは、アトピー性皮膚炎になる原因と、なぜユーグレナが症状を改善してくれるのかについてご説明させていただきます。

アトピー性皮膚炎になる原因とは?

そもそも「アトピー性皮膚炎」とは、もともとアレルギー体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。

そもそも「アトピー性皮膚炎」とは、もともとアレルギー体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。

主な症状は、「湿疹」「痒み」で、症状の特徴として、

再発:良くなったり悪くなったり

慢性:中々良くならない(6ヶ月以上)

と、大人で6ヶ月以上、乳幼児で2ヶ月以上症状が続くと慢性と診断されます。

では、なぜ発症してしまうのか?
アトピー性皮膚炎の原因についてはまだ解明されていない部分もありますが、皮膚のバリア機能が低下した乾燥状態に、アレルゲンの侵入(ダニ・ほこり・食べ物など)やストレスなどの様々な環境的要因が重なって起こると考えられています。

また、大人と子供でも変わり、発症する人もいればしない人もいます。
これは、原因や症状には個人差があり、症状を悪化させる要因も人それぞれ異なるのがアトピー性皮膚炎の特徴です。

このような特徴があるアトピー性皮膚炎に、なぜユーグレナが症状を改善してくれるのでしょうか?
その改善のキーワードは「パラミロン!」ということで次の項で詳しく見ていきましょう。

ユーグレナに含まれる「パラミロン」がアトピー改善に力を発揮!

パラミロンのしくみのイラスト

アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、花粉症などのアレルギー疾患の要因に「血清総lgE」といものうが大きく関わってきます。
あまり聞き慣れない言葉ですよね。

この血清総lgEこそ、人体の免疫機能に深く関係しており、アトピー性皮膚炎の症状が重い方はこの血清総lgE量が多いことが分かっています。

IgE抗体とは、『免疫に関係したタンパク質である免疫グロブリンの一つであり,健常人には極めて微量しか検出されない。 抗原(アレルゲン)と結合することによりヒスタミンなどの炎症を引き起こす化学伝達物質を肥満細胞から放出させアレルギー反応を引き起こす。』(生物学用語 Weblio辞書 引用)

◇ユーグレナに含まれる「パラミロン」がアトピー改善に力を発揮!

ユーグレナにはご存知の通り、ビタミン類14種、ミネラル類9種、アミノ酸類18種、不飽和脂肪酸11種、また、地球上でユーグレナしか持たない「パラミロン」を含む7種、計59種類の栄養素があります。

では何が力を発揮するのか?それは「パラミロン」です。

アレルギーは免疫機能の暴走とも言え、本来は外敵ではないものに対して、身体が過剰な防衛反応を示してしまい、アトピー症状が引き起こされます。
そこでユーグレナを摂取すると、パラミロンの成分β-1,3ガルカンという物質が、血清総lgE量を大幅に下げる働きがあり、これがアトピー性皮膚炎を改善していく上で重要ということが分かっています。

ユーグレナには、パラミロンの働きで血清総lgE量を減少させ、免疫抑制の効果や免疫のバランスを整える働きがあると同時に、抗酸化作用や59種類の栄養素、93.1%の栄養素吸収率など様々な効果が期待できるのです。

まとめ

「アトピー性皮膚炎の治療薬といえばステロイド外用薬」というのが一般的なようですが、その治療と併用してユーグレナ(ミドリムシ)を服用してみませんか?

ユーグレナは基本的に健康補助食品なので、副作用の心配もなく安心してご利用していただけると思います。気軽に摂取できるので、アトピー性皮膚炎でお悩みの方に少しでも役立つことができるのではないでしょうか。

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

錆びた鎖の画像

ユーグレナ抗酸化作用で老化を防ぐ!

同じ年齢なのに若く見える人がいます。それを握るのが「活性酸素」。単語だけ聞くと、身体に良さそうですが、実はこれが 老化のスピードを左右 して…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る