ユーグレナ摂取量1日の目安は?

ユーグレナ(ミドリムシ)の1日当たり摂取量はご存知ですか?

ユーグレナ(ミドリムシ)の1日当たり摂取量はご存知ですか?

どうせ飲むなら、より効果がでるように沢山飲めばいいんじゃないの? と、考えている方はNG!

まずは、その商品ごとの説明書をしっかり読んで1日◯錠、◯◯mgなど、目安の摂取量を守ることが基本中の基本です。

1度に10錠など過剰に摂取するなど言語道断! 健康になるどころか帰って健康被害をこうむることがあり注意が必要なのです。今回は、ユーグレナ(ミドリムシ)の摂取量は1日当たりどれくらいがベストなのかご紹介させていただきます。

ユーグレナの1日の摂取量ってどのくらいがベストなの?

ミドリムシは1日500~1,000mg摂取することが推奨

現在販売されているユーグレナサプリの商品ごとで変わってきますが、1日当たりの摂取量には目安があります。

商品によって1粒当たりの含有量や容量が異なるので個数は変わってくるのですが、大半の錠剤タイプの場合、
3粒~4粒が平均の個数になっており、1日500~1,000mg摂取することが推奨されています。

ちなみに各商品の推奨摂取量は、

  • 「ミドリムシエメラルド」 1日3粒(1粒250mg×3粒=750mg)
  • 「ユーグレナセサミンプラス」 1日3~4粒(1粒260mg×3~4粒=780~1,040mg)
  • 「ユーグレナプラス」 1日3粒(1粒265mg×3粒=795mg)
  • 「バイオザイム」 1日3粒(1粒260mg×3粒=780mg)

と、ほとんど3~4粒、750~1,000mgとなっています。

そこで注意していただきたいのが、過剰摂取です。

どのサプリにも言えることなのですが、摂取するにあたり少しでも高い効果を得られるようにしたいと、推奨されている摂取量よりも大幅に超えて摂取する方がいます。
しかし、結論から言えば摂取量を増やしても効果が増すということは絶対にありません。

ユーグレナ(ミドリムシ)は過剰摂取すると下痢や腹痛が起こる可能性があります

また、ユーグレナは20%が独自成分のパラミロンで形成されています。

このパラミロンは、食物繊維と同様の性質があることから、仮に大量摂取した場合、下痢や腹痛が起こる可能性があります。
また、ユーグレナを過剰に摂取しすぎると、油に溶けやすい栄養素(ビタミンAやKなど)がユーグレナの排出する油分と一緒に排出される可能性があります。

もちろん、説明書の記載通りの摂取量を守っていれば何も問題はありません。
あくまでも、記載されてある摂取量以上の量を長く飲み続けた場合に、そういったことが起こりうるということです。

基本的に、ユーグレナ(ミドリムシ)の効果をしっかり感じるためには、1日分を1度に3粒飲むのではなく、朝昼夜の食事に合わせて分けて飲むといった感じの方がその効果を実感できると思います。
さらに効果的なのは、食後よりも食前だそうです。

食後だと食べたものによって成分に多少影響があるそうで、過度に気にすることもないようなので参考までに。

まとめ

ユーグレナ(ミドリムシ)の1日当たりのベストな摂取量は、3~4粒(500~1,000mg)となっています。
もちろん、製品ごとで推奨している摂取量が異なることがありますので、説明書をしっかり読んでから服用しましょう。

また、飲んでいるとお腹が緩くなる方もいらっしゃいますが、一時的な症状のようなので、その際は摂取量減らすなどしてみると良いでしょう。
大量に摂取する事だけは避けていただき、多く摂取したからと言って効果が増すわけではないので、推奨されている摂取量を守って服用することが健康のためには最も大切です。

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

ミドリムシを飲んで、二日酔い知らず!

ユーグレナで辛い二日酔いを撃退!

お酒はお好きですか?  飲める飲めない、といった体質もありますが「飲める」という方は、”二日酔い” を経験したことがあるのでは…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る