ミドリムシで花粉症の辛い症状が緩和できる!

花粉症にはユーグレナが効く

毎年、春になるころ「花粉症」に悩まされている方は多いのではないでしょうか?
近年では、小学生や中学生など若年層も花粉症患者に含まれています。確かに、昔に比べると衛生面で綺麗過ぎるという話もあり、現代病といったところでしょう。

そこで現在、有効な治療・症状緩和の面で注目されているのが「ミドリムシ(ユーグレナ)」なのです!
花粉症に悩まされている方なら藁をも掴む感じだと思いますが、「本当に効果があるの?」と、やはり一概に信用できない部分もありますよね。

そこでここからは、花粉症のメカニズムと、なぜ症状緩和にミドリムシが有効なのか、花粉症に関するご説明をさせていただきます。

そもそも花粉症とは?花粉症のメカニズム

花粉症とは、体内にギやヒノキなどの花粉(アレルゲン)が原因となるアレルギー性の病気です。

花粉を排除とようとする「免疫反応」によって、鼻水、鼻づまり、くしゃみといった症状か起こることをいいます。

日本では、毎年その患者数が爆発的に増えており、現在では全人口の25%、4人に1人が花粉症やその予備軍となっています。
その花粉の種類も様々60もの種類があり、症状がでる花粉にも違いがあります。

また、厄介なことに、1度花粉症になると2度と治ることはありません。
花粉症を完全に治す薬が無いので、症状を軽くするために症状の種類や重さによって飲み薬や点鼻薬が使われるのが一般的な治療になります。

では、花粉症になるメカニズムはどうなっているのか、見ていきましょう。

①花粉などの異物(アレルゲン)が鼻粘膜や目に付着。

②そこで体が花粉を異物として認識した場合、対抗するために「IgE抗体」を作ります。

③抗体で出来た後、再び花粉が体内に侵入すると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の交代と結合します。

④その後、肥満細胞からヒスタミンやロイトコリエンなどの化学伝達物質が分泌されます。

⑤結果として、化学伝達物質が神経や血管を刺激し、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状がでるのです。

このことから、花粉症とは花粉を異物(外敵)とみなしてしまった体の防御反応が過剰になったもの。
要するに花粉を排除するため、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻を詰まらせて体内に入れないようにする、といった過剰反応なのです。

花粉症にミドリムシが効果的なワケ

前項でもご紹介した通り、花粉症は「IgE抗体」が大きく関わっており、この抗体を減らせれば症状は緩和します。
そこで、今注目されているのが「ミドリムシ(ユーグレナ)」なのです。

ミドリムシには独自成分 ”パラミロン” が含まれており、このパラミロンはアガリスクなどに含まれているβグルカン(β1,3-グルカン)の仲間で、地球上で唯一ミドリムシにしかない成分です。

デトックス(解毒)効果で有名なのですが、実は、花粉症を有害物として判断する免疫細胞を減らす効果があることも近年の研究で判明しています。
パラミロンにより、花粉症特異IgE抗体の量を減らすことにより、その症状を緩和することができるということです。

IgE抗体の量を減らすことが出来るなら、完治も可能なのでは?と、普通に考えてしまいそうですが、前述の通り、花粉症に1度かかってしまうと2度と治ることはないとされているので、あくまでも症状の緩和を目的としたものになります。

口コミ情報でも、個人差はあるようですが、ミドリムシを飲んで花粉症の症状が軽くなったという声も数多く寄せられているようです。
花粉症を悪化させる原因は、睡眠不足、ストレス、暴飲暴食といったものがあり、生活習慣の乱れを整えるだけでも症状を抑えることができます。
また、不足している栄養素の補給という意味でもミドリムシは花粉症に効果があります。

ミドリムシを飲んで花粉症の症状が軽くなったという声も数多く寄せられている

まとめ

現代病といって過言ではない「花粉症」。
毎年悩まされている方は多いですよね。更に、1度症状が出てしまうと2度と治ることがないとされ、花粉症の方は毎年試行錯誤しながら症状の緩和に努力されているでしょう。
病院での治療にも中々時間が取れなくて行けないという方も中にはいらっしゃると思います。

そこで、是非「ミドリムシ(ユーグレナ)」を有効に活用していだきたいのです!
毎日決まった量を服用すれば徐々に花粉症の症状は緩和され、完治までは無理として、症状が気にならない程度まで治ることがあります。
とにかく毎年、憂鬱で仕事や家事も手に付かないという方は、藁を掴んだと思ってミドリムシに任せてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

睡眠不足の女性

ユーグレナで睡眠不足を解消!上質の睡眠が体調を変える?!

忙しくて睡眠時間が確保できないという睡眠不足と、ベッドに入っているのに眠れないいわゆる不眠症という睡眠不足があります。睡眠不足はなぜ起こるの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る