ミドリムシとアディポネクチン

現在、もっとも注目されている栄養素ということもあって、ミドリムシは多くの研究者によって研究され、その効果について次々と新しい発見がなされています。
その発見の一つに、ミドリムシはアディポネクチンと呼ばれる善玉ホルモンを増やす効果があります。パラミロンやオレイン酸などの成分を含むミドリムシ(みどりむし)のイラスト

アディポネクチンはどんなホルモンか

アディポネクチンは、1996年に大阪大学で発見され、2003年に東京大学でホルモンであると定義された脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンです。
メタボリックシンドロームやがんを予防、改善する働きを持つとことから、「スーパー健康ホルモン」や「長寿ホルモン」、若返りホルモンなどと呼ばれています。

アディポネクチンの効果

アディポネクチンは糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化、さらにがんの予防と改善の効果が認められています。
特に中性脂肪の減少には大きな効果があり、アディポネクチンが多く分泌されてその量が増加すると、体脂肪が減少することが確認されています。
中年太りが気になっている方には朗報といえるでしょう。

糖尿病や高血圧などに対するアディポネクチンの効果を示した図

アディポネクチンを増やすミドリムシ

ミドリムシを摂取するとこのアディポネクチンの量が判明しています。
実際、ある研究によると、みどりむし1g(サプリメント3粒程度)を1ヶ月間飲用したところ、アディポネクチンの量は摂取前と比べて増加したとのことです。

ミドリムシ摂取前と摂取後のアディポネクチンの量を表した棒グラフ

ミドリムシは単体でも健康に対する効果はすごいのに、更にアディポネクチンという善玉ホルモンまで増やしてくれるのですから、本当にありがたい存在です。

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

アンティークな時計の画像

アンチエイジングにもユーグレナ。時に逆らう力とは?

日本語にすると「抗老化」や「抗加齢」といった、若返りの意味を持ちます。特に美容で使われることが多いですが、アンチエイジングには「時に逆らう」…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る