腰痛にはバイオザイム

前回のブログで、「関節痛や腰痛に苦しんでいるならばバイオザイムがおススメ」と言うようなことを書きましたが、これについてもう少し詳しく説明します。
バイオザイムには腰痛や関節痛を緩和させる働きのある「コンドロイチン」という成分が追加配合されており、これらの症状で苦しんでいる方にとってはまさにうってつけのサプリメントです。関節痛や腰痛持ち向けのコンドロイチン配合のバイオザイム商品写真

コンドイチンの特徴と働き

コンドロイチンは、正式名称をコンドロイチン硫酸ナトリウムといい、「軟骨」を意味するギリシャ語の「コンドロス」がその由来です。
コンドロイチンはその名前からもわかるように、 軟骨の部分に存在しており、クッションとして体をスムーズに動かす働きをしています。
ただしこのコンドイチンは加齢とともにどんどん減少していき、それが腰痛や関節痛の原因となります。

軟骨の部分にあり減少が腰痛や関節痛の原因となるコンドロイチン図

なぜ腰痛・関節痛は発生するのか

腰痛や関節痛の痛みは、主に軟骨部分にある骨と骨があたることで生じます。
本来、骨はコンドロイチンによってコーティングされた軟骨がクッション代わりとなって、骨と骨がぶつかることを防いでいるのですが、加齢とともにコンドロイチンが減少すると、軟骨がすり減ってしまい骨がぶつかるようになってしまうのです。
その為、年齢が高い人ほど腰痛や関節痛が生じやすくなります。
また、逆にいえば、体内のコンドロイチンを増やせば、腰痛や関節痛の痛みは緩和できます。

加齢とともにコンドロイチンが減少し腰痛に悩むお年寄りの図

コンドロイチンを増やすには

加齢とともに減少したコンドロイチンは食事を通して補給することが可能です。
例えば山のものならば納豆・ヤマイモ・里芋・根昆布・なめこなど、海のものならば、イカ・サメの軟骨(フカヒレ)・鯛やマグロなどの魚類の目玉などにコンドロイチンは多く含まれています。

コンドロイチンを含むイカ・サメの軟骨(フカヒレ)などの図

しかし、ほとんどの場合、年齢と共に食事の量は減ってしまうものなので、食事の身では十分な量のコンドロイチンを補給できるかは微妙です。
そこで手軽に効率よく摂取できるサプリメントで補給するのが理想的です。

コンドロイチンのその他の働き

コンドロイチンはまたカラダの組織に保水・湿潤・弾力を与えて、組織の増殖や活性化にも効果があります。
新陳代謝を促進しますので、美容・健康増進にも良いと言われています。
その効果は、肌に潤いを与えたり老化防止など肌だけではなく、視力低下や難聴の改善など多岐にわたります。
また、近年では抗がん作用も認められています。
実は癌は成長するときに血管新生を生じさせるのですが、コンドロイチンが血管新生の形成を抑止する事により、癌そのものを抑制します。

保水・湿潤・弾力を与えられ美容・健康増進効果を実感する女性の図

このようなコンドロイチンが追加配合されたバイオザイムは数あるみどりむしサプリメントの中でも間違いなくおすすめしたいサプリメントです。

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

アンティークな時計の画像

アンチエイジングにもユーグレナ。時に逆らう力とは?

日本語にすると「抗老化」や「抗加齢」といった、若返りの意味を持ちます。特に美容で使われることが多いですが、アンチエイジングには「時に逆らう」…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る