便秘解消効果のあるミドリムシ成分

前回、ミドリムシ特有の成分であるパラミロンが便秘の解消に高い効果があることをご紹介いたしました。
今回は、それ以外の便秘解消に役立つミドリムシの成分についてご紹介します。

ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれパラミロン以外の便秘に効果的な成分とは?

ミドリムシに腹案れる便秘解消に役立つ成分

ミドリムシに含まれている成分のうち、便秘の解消に直接効果のあるものは、ビタミンB群及びビタミンE、ビタミンC、マグネシウム、オレイン酸です。

自律神経を回復させるビタミン

ビタミンB群やビタミンEは腸の運動を支配している自律神経を調整して腸の運動を活発にする働きがあります。
便秘の原因の一つには、ストレスを感じたことによって自律神経が乱れ、腸機能が低下してしまうことがあります。
ビタミンB群やビタミンEはこのような自律神経の乱れによる便秘を解消するのに効果的です。

ビタミンB群の成分

ビタミンCが腸を元気に

ビタミンCは、腸の中でガスを発生させ、腸の運動を活発にする働きがあります。また同時に腸の善玉菌を増やして腸の調子を整えてくれます。
腸の調子が良ければそれだけ、排便も問題なく行われますので、便秘の解消にはもってこいの栄養素です。
もっとも、ビタミンCは大量にとりすぎると善玉菌が増えすぎてしまい下痢をおこしたりすることもありますので注意が必要です。
もっとも、便秘の解消という点から見れば、下痢というのは望ましい状況なのかもしれませんが。

レモンの写真│ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれるビタミンCは整腸作用がある

便を柔らかくするマグネシウム

ミネラルの1つであるマグネシウムは便を柔らかくする働きがあります。
体内の水分が足りないと便はカチカチに固まってしまい排便されにくくなってしまいます。
しかしマグネシウムは腸の中の水分を集めるはたらきがあるので、便をやわらかくし、排便しやすくなります。
このはたらきは不溶解性の食物繊維が持つもつものと同じですね。

マグネシウムの写真│マグネシウムは便をやわらかくする働きがあるので「難消化性デキストリン」を摂取することで間接的に便秘を改善

便を滑りやすくするオレイン酸

オレイン酸は「自然界の下剤」とも呼ばれているオリーブ・オイルに多く含まれている成分で、腸を刺激し排便を促し、更に油を含んでいる便になるので、スルッと出やすくなります。
実際、便秘解消の方法としてオリーブ・オイルを飲むという方法は有名ですので、便秘解消の効果にはかなり期待がもてます。

オリーブオイルの写真│ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれるオレイン酸は「自然界の下剤」とも呼ばれています

上で紹介した成分はミドリムシでなくても摂取することは可能です。
しかし、ミドリムシの良いところはこれらの成分を一度に摂取できるとういう点です。
仮に1つ1つの成分の効果に個人差があったとしても、これだけ便秘に効く成分が揃っていればきっとどれかは効くでしょう。
この意味で、ミドリムシには高い便秘解消効果が期待できます。

すっきりとしたお腹のイラスト│ミドリムシ(ユーグレナ)には便秘解消効果がきたいできる

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

良好な肌の具合を確かめる女性の写真│ユーグレナの化粧品は肌に良い効果が期待できる

ユーグレナ化粧品で艶肌に?3つの美肌効果の謎に迫る!

59種類もの栄養素を含んだ注目の栄養食品のユーグレナ(ミドリムシ)。 実は、そのユーグレナは「化粧品」の成分としても数多く商品化され、…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る