GABA

今回ご紹介するのは「GABA」。私は「ガバ」と呼んでいましたが、本当は「ギャバ」という呼び方が正しいそうです。

このGABAはアミノ酸の一種で、体内で抑制系の神経伝達物質として脳内の血流を活発にし、酸素供給量を増やしたり、脳細胞の代謝機能を高める働きがあるのですが、近年になってアルツハイマー型痴呆症の予防・改善にも期待できることが判明し、今、注目されている成分なんですよ。

GABAの効果を解説した図表

GABAはどんな成分?

実は「GABA(ギャバ)」は通称で、正式名称は「ガンマ-アミノ酪酸」といいます(・・・うん、この正式名用を見れば通称が一般化するのも当然ですね)。

「アミノ酪酸」という名前が示す通り、GABAはアミノ酸の一種です。しかし、たんぱく質を形作っている18種類のアミノ酸とは異なり、脳や脊髄に存在している珍しいアミノ酸で、抑制系の神経伝達物質として脳内の血流を活発にし、酸素供給量を増やしたり、脳細胞の代謝機能を高める働きがあります。

GABAの効果

GABAは人間の身体に次のように実に多くの効能があることであることで知られています。

  • 血圧を下げる
  • 脂質代謝を促し、中性脂肪の増加を抑える
  • 肝臓・腎臓の働きを高める
  • 脳内で抑制系の神経伝達物質として働き、神経を鎮める

また、近年の研究でアルツハイマー型痴呆症の予防・改善の効果も期待できるとして注目されています。

イライラを排除する効果のあるGABAのイラスト

GABAを効率よく摂取するには

GABAは体内でも生成されるので基本的に不足することはないのですが、実はこのGABAの生成は睡眠中に行われるので、寝不足気味な人はGABAの生成が十分ではなく、不足することがあります。
GABAは人間の脳神経から内臓、血液のはたらきまで、さまざまな観点から効果が期待できる大切な物質なので、十分な量きちんと確保しておきたいものですよね。
幸い、GABAは食事などを通して外部からも補給も可能なので、「最近、寝不足気味だな~」と感じている時には、是非、GABAを補給するようにしましょう。
GABAを摂取すれば神経も休まり、よく眠れるようになりますのでGABAの体内での生成も安定化するという一石二鳥の効果も見込めますよ。

GABAの摂取には発芽玄米が一番だけど

食事を通してGABAを摂取する一番良い方法は、発芽玄米を食べることです。

玄米ご飯の写真

発芽玄米は玄米(精米する前の米)を発芽させた米で、多くのGABAを含んでいることで知られています。
その量はというと、同じ米でも白米にはわずかに1mg、胚芽米で2.5mg、玄米でも3mgなのに対し、発芽玄米は10mgという量です。

発芽玄米は玄米よりもさらに多いGABAを含有している!というイラスト

ただ、この発芽玄米の欠点は好みの問題かもしれませんが、白米と比べてそれほど美味しくないこと。
ご飯として毎日食べるにはちときついかも…。ここはやはりみどりむしサプリメントで手軽にGABAを補給するのが良いかもしれませんね。

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

睡眠不足の女性のイラスト│睡眠不足で生じる症状とは?

ミドリムシで睡眠不足を解消!

忙しくて睡眠時間が確保できないという睡眠不足と、ベッドに入っているのに眠れないいわゆる不眠症という睡眠不足があります。睡眠不足はなぜ起こるの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る