ドコサペンタエン酸

毎回ミドリムシに含まれている紹介する当ブログ、今回取り上げるのは「ドコサペンタエン酸」です。
不飽和脂肪酸は覚えにくい名前が多いですが、このドコサペンタエン酸も相当ですね(汗)。同じことを思う人はやはり多いらしく、一般的には「DPA」と呼ばれているようです。

DPAで血をサラサラに

DPAは血圧降下作用があるほか、血液をサラサラにする効果があるので心筋梗塞や脳梗塞などの動脈効果対策に良いといわれています。

サラサラの血液を作るDPAの働きを解説した図

また中性脂肪を低下させる効果が高いです。実はこの効果はいわゆる「青魚のサラサラ成分」として有名なEPAの効果と全く同じですが、DPAの血液をサラサラにする効果はEPAの10倍といわれています。

さらにアルギニン(アミノ酸)と一緒に摂取するといっそう効果的でるそうです。

ミドリムシでDPAを補給しよう

DPAもEPAと同じように青魚などに多く含まれていますが、日本人の食生活が豊かになり、魚介類中心の食生活から肉中心の食生活に変化してきた現在、十分な量のDPAを毎日となるとなかなか大変です。

青魚のイラスト

そこで役立つのがDHAを含んでいるミドリムシ。
毎日食事でDPAを摂取するのは大変でしょうが、みどりむしサプリメントならば、手軽に毎日DPAを摂取することができます。
これでDPA不足も解消し、血液がサラサラになるのも間違いなしですね。

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

良好な肌の具合を確かめる女性の写真│ユーグレナの化粧品は肌に良い効果が期待できる

ユーグレナ化粧品で艶肌に?3つの美肌効果の謎に迫る!

59種類もの栄養素を含んだ注目の栄養食品のユーグレナ(ミドリムシ)。 実は、そのユーグレナは「化粧品」の成分としても数多く商品化され、…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る