リノール酸

今回ご紹介するのは「リノール酸」です。
このリノール酸はサラダ油に多く含まれているのでもしかしたらご存じの方は多いかもしれませんね。

リノール酸を多く含む食用油の写真

リノール酸は体に良い?

リノール酸は人体内で合成することができない必須脂肪酸であり食品から必ず、摂取しなければならない大切なものです。
また、コレステロールを低下させたり、血圧を低下させる作用があるということから成人病対策として注目されており、一時は多くとることが推奨されていたほどです。

メタボ解消を解説した図│ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれるリノール酸は成人病対策に効果が期待されています

取り過ぎにはご注意

ここで「油の取り過ぎは体に悪い気がするけど・・・」と思われた方はズバリ正解です!!

確かにリノール酸は体に必要な栄養素であるうえ、コレステロールの減少など成人病対策として有効です。しかしその反面、摂取しすぎると善玉コレステロールまで減らしてしまうため、かえって成人病などの病状を進めてしまうこともあります。

また、リノール酸は酸化されやすく、がんの原因となる過酸化脂質を増やしてしまいます。さらに、過剰症として免疫力を抑制し、病気に対する抵抗力を弱めてしまう険性もあります。

事実、近年、花粉症やアトピー症状の人が増加しているのも、リノール酸の過剰摂取が原因と言わえています(もっとも、これだけが原因ではありませんが)。「薬も過ぎれば毒となる」という諺がありますが、まさに取り過ぎにはご注意ということですね。

蕁麻疹に悩む男子のイラスト

基本的にリノール酸は日々の食事の中で充分な量が摂取できるので殊更、意識して摂取する必要はありません。またα-リノレン酸、EPA、DHAなどの脂肪酸とバランスよく摂取することでリノール酸のマイナス面を補完することができるので、これらの脂肪酸がすべて含まれているみどりむしサプリメントで摂取するのもおススメです。

過剰摂取に注意したい「リノール酸」

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

錆びた鎖の画像│体の錆び=老化の原因物質が活性酸素

ユーグレナ抗酸化作用で老化を防ぐ!

同じ年齢なのに若く見える人がいます。それを握るのが「活性酸素」。単語だけ聞くと、身体に良さそうですが、実はこれが 老化のスピードを左右 して…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る