プロリンとスレオニン

皆さん、今日は。
ミドリムシに含まれているアミノ酸のご紹介もいよいよ5回目に突入です。
ここで朗報です。
何と今回の紹介でミドリムシに含まれているアミノ酸の紹介はその半数を終えることになります(パチパチパチ)
いよいよゴールも見えてきましたし、あとひと踏ん張り頑張りましょう!
さて、今回ご紹介するアミノ酸は「プロリン」と「スレオニン」です。

プロリンで美肌を作ろう!!

プロリンはラクダのコブや豚などのゼラチン質に多く含まれているアミノ酸で、コラーゲンの主要な構成成分のひとつとして、関節痛を改善する効果や美肌効果、脂肪を燃焼させる効果など様々な効果が期待されています。

pic10-1

特に、肌を形成する際に必要とされるコラーゲンは、歳を重ねるごとに体内から失われやすくなりますが、プロリンを摂取することで紫外線などの影響でダメージを受けた肌のコラーゲンが再生され、シミやしわ、そばかすを防ぎ、美しい肌を導く効果があると考えられています。

pic10-2

特にいつまでも若くいたい女性にとっては積極的に摂取したいアミノ酸ですね。
ただ流石にラクダのコブは難しいでしょうが・・・

pic10-3

ベジタリアンには摂取が難しいスレオニン

スレオニンは体内で合成することができない必須アミノ酸で、歴史上最後に発見されたアミノ酸です(つまりもっとも新しいアミノ酸と言いうこともできますね)。
このアミノ酸は成長を促進する効果や、肝臓の脂肪蓄積を抑制する効果があり、主に鶏肉や卵、七面鳥、ゼラチンなどの動物性たんぱく質に多く含まれています。

pic10-4

もしスレオニンが不足すると、食欲不振や貧血、体重の減少などを引き起こしますが、基本的に日々の食事をきちんととっていれば欠乏することはありません。
ただし、動物性たんぱく質をさけ、主に野菜や穀物を食べるベジタリアンには不足しがちな傾向があるようです。

pic10-5

このようなベジタリアンの方々にとっては、動物性タンパク質をとらずとも不足しがちなスレオニンを補えるミドリムシはありがたい存在であるといえますね。

pic0-1

さて、今回はミドリムシに含まれているアミノ酸のうち「プロリン」と「スレオニン」をご紹介しました。
次回も引き続き残りのアミノ酸をジャンジャンご紹介していきます!!

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

錆びた鎖の画像

ユーグレナの抗酸化作用で、身体の内側から老化を防ぐ!

同じ年齢なのに若く見える人がいます。それを握るのが「活性酸素」。単語だけ聞くと、身体に良さそうですが、実はこれが 老化のスピードを左右 して…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る