鉄・銅・マンガン

皆さん、こんにちは。
毎回、ミドリムシに含まれている成分を紹介しておりますが、いよいよ今回でミネラル編が終了です。
しかし、ミドリムシに含まれている成分全体で見たらこのミネラルの解説が終わっても実はまだ半分・・・・。
本当にミドリムシがいかにすごい存在かつくづく思い知らされますよね~。
まあそれはともかく、ミネラル編のラストを飾るのは「鉄」「銅」「マンガン」です。

血液を作る鉄

鉄は私たちにとって最も身近な金属ですが、人の体の中でも最も大切な液体の材料として欠かせないものです。
そう、その液体とは「血液」です。

pic4-1

まあより正確に言えば、鉄は血液の中の赤血球を作っているヘモグロビンの材料になっているのですが、これは細かすぎるので、ここでは血液の材料という理解で充分です。
指をけがして思わずその指を口に含んだ時、口の中に表現しにくい鉄の味が広がったと思いますが、これは血液が鉄でできているのが原因です。
血液は酸素を体内の隅々まで運ぶという大切な役割があります。

pic4-2

その為、鉄が不足すると新しい血液が作られないため貧血となり、酸素の供給が滞って頭痛がしたり、すぐ疲れたりといった症状がでます。
最近、頭痛が頻発したり、疲れが中々取れないということがあれば、もしかしたらそれは鉄が不足しているのが原因かもしれませんね。

鉄と二人三脚の銅

同じ一文字漢字という仲間意識があるのか、鉄と仲が良いミネラルが銅です。
銅は十円玉など貨幣の材料として知られていますが、人の体の中では鉄が赤血球を作るのを助けています。

pic4-3

また銅自体は、様々な酵素となって、疲れの原因となる活性酸素を除去するなどの働きもしています。
鉄が酸素の供給により疲れが出にくくするのなら、銅はすでに出ている疲れを除去しているわけですね。
この意味でも鉄と銅は良いコンビです。

マルチプレイヤーのマンガン

pic4-5

マンガンはミネラルのマルチプレイヤーです。
具体的に「これ!!」と明言できる特徴的な働きはないのですが、骨の形成に関与するほか、糖質および脂質の代謝に働く酵素や、抗酸化作用のある酵素など多くの種類の酵素の構成成分として、成長や生殖に関係しています。
まさに目立たないけど重要な黒子的存在ですね。

pic0-2

以上、ミドリムシに含まれているすべてのミネラルの紹介が終了です。
基本的にミネラルのほとんどはきちんと食事をしていれば不足することはありませんが、偏食や食事を抜いていたりすると不足してしまう場合があります。
もし、最近まともな食事をしていないなーとか感じていたら、是非ともみどりむしサプリメントでミネラルの補給をするのがいいでしょう。
また、みどりむしサプリメントなら他のビタミンやアミノ酸と一緒に効率よく摂取できるという利点があるのでおススメです。

pic1-3

さて、次回からはいよいよ最大の山場、「アミノ酸」編に突入です。
俺たちの戦いはこれからだ!!

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

錆びた鎖の画像

ユーグレナの抗酸化作用で、身体の内側から老化を防ぐ!

同じ年齢なのに若く見える人がいます。それを握るのが「活性酸素」。単語だけ聞くと、身体に良さそうですが、実はこれが 老化のスピードを左右 して…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る