ビタミンD

皆さんこんにちは!ゴールデンウィークが終わっていよいよ5月も中旬ですね。ミドリムシにも得意な季節、苦手な季節というのはあるのでしょうか?私は冬は苦手で夏が大好きなので、そろそろ嬉しい季節が近づいてきました(笑)。

さて、前回はミドリムシの効果として、ビタミンCにはどのような効能があるのかなどをお話させて頂きました。今回は同じビタミン類でまだ皆さんにご紹介していない成分をご紹介致します。まずはビタミンDからいきましょうか。

ミドリムシのサプリメントに含まれているビタミンD、実はあまり知られていませんが、D2とD3があるのです。ただ、効果にあまり違いはないようですね。また、ビタミンDは、口から摂取する以外にも、日光の紫外線にあたることによっても生成されるようです。まるで光合成みたいですね。

さて、そんなビタミンDの効果ですが、ミドリムシからは想像しにくいかもしれませんが、血中のカルシウムの濃度を維持したり、骨の形成を促進したりという効果があるようです。また、がん細胞が増殖するのを抑える働きもあるようですね。

以上、今回はミドリムシの成分のうち、ビタミンDをご紹介しました。いろんな効果がありますが、私が一番びっくりしたのはやっぱり日光を浴びることによって生成することができるという点ですね。これまで私はけっこう引きこもりがちでしたが、明日からはばっちり日中に外に出かけようと思います。来週もまた別の成分をご紹介しますので、どうぞお見逃しなく。

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

アンティークな時計の画像

アンチエイジングにもユーグレナ。時に逆らう力とは?

日本語にすると「抗老化」や「抗加齢」といった、若返りの意味を持ちます。特に美容で使われることが多いですが、アンチエイジングには「時に逆らう」…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る