ビタミンB群とビタミンC

皆さんこんにちは!いよいよ5月になってしまいましたね!4月はお花見行かれましたでしょうか?私はすっかり行くのを忘れてしまいました。というよりも花粉症が辛くて行きませんでした(笑)。さて、前回はミドリムシの成分のうち、主にビタミンB1とB2の効果をご紹介しました。今回はそれ以外のビタミンをご紹介します。

まず今回ご紹介するミドリムシに含まれているビタミンは、ビタミンB6です。ビタミンB6には、成長を促したり、脂肪肝や動脈硬化の予防、アレルギーやPMS、つわりの緩和といった効果があります。女性の方には嬉しいのではないでしょうか?

そして次にご紹介するミドリムシのビタミンは、ビタミンB12です。ビタミンB12には、貧血を予防する効果があります。神経機能を正常化したり、睡眠を促したりもします。B6よりかは少ないですが、どれも重要なものですね。

次に紹介するミドリムシのビタミンは、ビタミンCです。名前はよく聞くけど効果はあまり知らないとう人も多いのではないでしょうか?数年前まではよくレモン◯個分のビタミンC配合などといった商品の宣伝が非常に多かったイメージですね。

さて、ミドリムシに含まれているビタミンCの効果はどのようなものがあるかと言いますと、免疫力を高め病気になりにくくしたり、美白や美肌、白内障や貧血の予防・改善といったものがあります。ビタミンCは非常に万能ですね。

以上、今回はビタミンCまでご紹介しました。次回もミドリムシの成分の効果をまずはビタミンから、ビタミンが終了したら次は他のカテゴリーの栄養素を紹介していきますので、お見逃しなく。

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

アンティークな時計の画像

アンチエイジングにもユーグレナ。時に逆らう力とは?

日本語にすると「抗老化」や「抗加齢」といった、若返りの意味を持ちます。特に美容で使われることが多いですが、アンチエイジングには「時に逆らう」…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る