ユーグレナは放射線の中でも生きられる?!脅威の生命力が明らかに!

2011年に発生した大震災により、原発や放射能汚染が深刻な問題をもたらしている我が国。戦時中、原爆を落とされた広島・長崎の人々は、その後放射能による病気に苦しんだといいます。

人間であれば、ひとたまりもない放射能、対抗する希望の星が、ユーグレナ(ミドリムシ)かもしれません!

工場の煙突から有害物質を出しているイラスト

スリーマイル原発事故に見るユーグレナの驚異的生命力

1979年アメリカ・スリーマイル島での原発事故をご存知ですか?実は事故から7年後、驚愕の事実が明らかにされたのです。事故後、破壊された燃料の取りだしを行うため、圧力容器の蓋が開けられました。人間ならば1分かからず死んでしまうほどの放射能量がある場所なのに、そこにはびっしりと藻類が繁茂していたそうです。

そう!その正体はユーグレナ

地球にオゾン層などない5億年も前から存在していたというユーグレナだから、放射能などモノともせず、大量に繁殖したのです。

ユーグレナの無限の可能性

このように、過酷な環境でも生き抜くどころか繁殖さえできるユーグレナ。食品としてだけでなく、現在はエネルギーとしての開発や、医療、環境問題と、様々な分野で役に立つ可能性があるとして、世界中が注目し、研究されています。

ユーグレナが放射性物質を無害化する技術が、将来確立したりするかもしれませんね!とにかく、ユーグレナは強い!これだけは、私たちにもわかります。

藻が繁殖している画像

まとめ

オゾン層がない太古の昔、地球には直接太陽光が降り注ぎ、そこには電磁波や放射線がたっぷりと含まれていました。

そんな環境から生き抜いてきた ユーグレナには、無限の可能性が秘められています 。原子炉の中で生きられるその生命力に、期待が高まるのは当然のことですね!

無害化は不可能と言われてきた放射能も、ユーグレナが無害化してしまう日も、遠くないのかもしれません。

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

錆びた鎖の画像

ユーグレナの抗酸化作用で、身体の内側から老化を防ぐ!

同じ年齢なのに若く見える人がいます。それを握るのが「活性酸素」。単語だけ聞くと、身体に良さそうですが、実はこれが 老化のスピードを左右 して…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る