ユーグレナで辛い二日酔いともサヨウナラ!

二日酔いにはミドリムシが効く

お酒はお好きですか? 

飲める飲めない、といった体質もありますが「飲める」という方は、”二日酔い” を経験したことがあるのではないのでしょうか?

いわゆる飲んだ次の日の朝、頭痛吐き気口乾倦怠感、さらに腹痛まで伴う方もいらっしゃいますが、どれも辛いですよね。

そこで、是非ともおススメしたいのが「ユーグレナ(ミドリムシ)」なのです!

二日酔い予防には「ウコン」という方も少なくありませんか、ユーグレナにはデトックス効果まで期待できるのでおススメなのです。
そこで今回は、二日酔いのメカニズムと、なぜユーグレナが二日酔いの予防・緩和に効果があるのか詳しくご説明していきましょう。

何で二日酔いになるの?そのメカニズムとは

そもそも「お酒に酔う」というのがどのようなものかご存知ですか?

お酒に限らず口にしたものはすべて、胃腸で消化・吸収されて血液によって体中をめぐり、最終的に肝臓へ運ばれます。

その肝臓で様々な物質に分解、変換され、再度血液によって全身に運ばれていきます。

パラミロンの表面には無数の小さな空いており、吸油・吸水性に優れ、余分な脂などの老廃物をスポンジのように吸収し、排出してくれる働きがあります。 この効果によって、肝臓に溜まってしまったアルコールを排出してくれるのです。

アルコールの場合、胃で約20%が吸収され、残りの約80%が小腸で吸収されます。吸収されたアルコールは血液によって全身を巡り、大脳にも達します。
その大脳に達したアルコールが大脳新皮質から脳神経の働きを抑えてしまう。
要するに「お酒に酔う」ということは、アルコールが血液にのって脳に達し中枢神経を麻痺させている状態のことを指しているのです。

酒は百薬の長といわれ、適量飲んでいる分には健康増進に良いとされていますが、自分の適量範囲を超えて「飲み過ぎ」になってしまうと二日酔いへ導かれてしまいます。

そのメカニズムは、体内に取り込まれたアルコールは肝臓で2段階の分解処理が行われます。
この処理の中間に出来る物質「アセトアルデヒド」が二日酔いの元凶です。
このアセトアルデヒド、実は有害物質なのです。血液中のアセトアルデヒド濃度が高くなると頭痛や吐き気、口乾など二日酔いの症状を引き起こします。
また、肝臓がアセトアルデヒドを一度に分解できる量は限られています。

飲み過ぎた場合、アセトアルデヒドの分解処理能力が追い付かず、結果として血液中のアセトアルデヒド濃度が上昇し、二日酔いの症状がでるのです。

ユーグレナを飲んで二日酔いともサヨウナラ

ミドリムシを飲んで、二日酔い知らず!

二日酔いに効果的なのが、ユーグレナの独自成分「パラミロン」なのです。
パラミロンは、「体内の余分なもの(老廃物・毒素)を外に出す」力があり、デトックス効果がとても高いのが特長。

パラミロンの表面には無数の小さな空いており、吸油・吸水性に優れ、余分な脂などの老廃物をスポンジのように吸収し、排出してくれる働きがあります。
この効果によって、肝臓に溜まってしまったアルコールを排出してくれるのです。

さらに、デトックス効果で腸内環境を整えることによって、飲み過ぎた翌朝のむくみ防止にもなります。

また、日頃からユーグレナを飲んでいれば不足した栄養素を常に補ってくれ、アルコールが溜まりにくい体質になるとも言われています。
これは体質にもよりますが、予防の観点からもユーグレナの効果は期待できるのではないでしょうか。

まとめ

アルコールは普通に飲んでいれば楽しいものです。しかし、飲み過ぎが度を過ぎると肝臓は勿論、その他の臓器にも負担が大きくなります。
特に肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、症状が現れてからでは手遅れになってしまうこともあります。

ユーグレナを飲めば二日酔いの症状緩和や防止をしてくれることはご理解して頂けたかと思いますが、飲み過ぎには注意してお酒を楽しんでください。

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

睡眠不足の女性

ユーグレナで睡眠不足を解消!上質の睡眠が体調を変える?!

忙しくて睡眠時間が確保できないという睡眠不足と、ベッドに入っているのに眠れないいわゆる不眠症という睡眠不足があります。睡眠不足はなぜ起こるの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る