スーパーホルモン「アディポネクチン」って何?

アディポネクチンって、聞いたことがありますか?1996年、大阪大学で発見され、2003年東京大学でホルモンであると定義された 善玉ホルモン なのです。元々ヒトは、アディポネクチンを体内に持っていますが、これを有効に働かせることで、身体にいいことがたくさんあるのです。

ユーグレナ(ミドリムシ)とアディポネクチンの関係を探ってみましょう。

アディポネクチンって何?

普通、アディポネクチンは血液中にある脂肪細胞から分泌されるホルモンです。全身の血液中を流れては、傷ついた血管を修復したり、血糖値を下げたり脂肪を燃焼させたり、はたまた骨量を増やしたりする「スーパー健康ホルモン」なのです。

ですが、実はこのアディポネクチン、 内臓脂肪が多い人には少ない ことがわかりました。

アディポネクチンの作用と予防効果

ランニングする女性の画像

  • 運動したのと同じ効果がある
  • 骨量を増やす
  • ガン細胞を小さくする
  • 血糖値を下げ、脂肪を野安
  • 真皮ヒアルロン酸合成を促す
  • 筋繊維を作る

など、驚くべき作用が実験により認められています。

ということは、糖尿病動脈硬化、高血圧などの生活習慣病ダイエットガン治療の分野でも予防などに活躍してくれそうです。

ユーグレナとアディポネクチン

手をつなぐ画像

ここで、ユーグレナの登場です。アディポネクチンは、元々人体内にあるホルモンです。これが増えてくれれば、 あらゆる病気の予防に効果的 だということがわかりますが、実はユーグレナがこのアディポネクチンを増やすことがわかってきたのです。

ユーグレナの摂取により、スーパー健康ホルモン「アディポネクチン」が増えれば、気になっていた体質からの病気予防に役立ちますね!

まとめ

スーパーホルモン「アディポネクチン」を増やすユーグレナ。

生活習慣病やメタボリック、運動不足などが気になっているなら、試してみる価値はありそうです。しかしあくまでもユーグレナは食品ですので、これだけで治そうとせず、生活から見直してみましょう!

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

アンティークな時計の画像

アンチエイジングにもユーグレナ。時に逆らう力とは?

日本語にすると「抗老化」や「抗加齢」といった、若返りの意味を持ちます。特に美容で使われることが多いですが、アンチエイジングには「時に逆らう」…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る