魚のDHAって、元を正せばユーグレナ?!胎児から成長期の子どもまで、是非食べて欲しい!

魚を食べると頭が良くなる…というのは、なんとなく世の中に浸透していますが、その根拠はDHAEPAという栄養素。脳細胞を活性化させるため、頭がよくなると言われているのですが、その魚のDHAって、元を辿ればユーグレナ(ミドリムシ)のものだったんです!

DHAは、何故頭がよくなると言われているの?

かごに盛られた新鮮な魚の画像

DHAはドコサヘキサエン酸という必須脂肪酸のことで、ヒトの体内で脂質となる部分を作る材料になるものです。しかも「必須」です。脳や心臓、目の網膜、胎盤、母乳、精子に多く含まれているのですが、残念なことに体内で作ることができません。だから、食事から摂るしかない栄養素なのですね。

脂質というと、油や脂肪を思い出しますが、DHAやEPAに代表される不飽和脂肪酸は、血液をサラサラにしてくれる働きがあり、栄養を身体の隅々まで届けられる身体にしてくれます。また、脳細胞を活性化させることで、 学習能力を高めることが期待され、頭がよくなる と言われているのです。

何故、子どもにDHAを食べさせたいの?

赤ちゃんと楽しく過ごす女性の画像

前述したように、DHAなど不飽和脂肪酸は、体内で生成されませんから、 食事によって摂ることが必要 です。すべてを司る脳神経細胞は、DHAが材料となって作られているので、特に胎児から成長期にかけての子どもには、積極的に摂ってもらいたい栄養素なのです。もちろん、胎児に届けるためには、妊婦さんが摂取しなければなりませんね。

魚に含まれるDHAは、記憶力を高め脳の健康な発育を促すことは、科学的に実証されています。是非、お子さんには摂って欲しい栄養素なのです。

そもそも、魚のDHAはユーグレナのものだった?

特に青魚に多いとされているDHAですが、実は魚が身体の中で作っているDHAではないのです。水中のユーグレナをプランクトンが食べ、そのプランクトンを小魚が食べ、その小魚を青魚が食べることで体内にDHAを摂っているのです。 この食物連鎖の中で、DHAを作り出しているのはユーグレナだけ! 

そうなんです、元々ユーグレナのものだったDHAを、私たちは青魚から得ていたというのです。

まとめ

なーんだ、じゃ、ユーグレナを飲めばいいんじゃないの?その通りです!

もちろん、ユーグレナは59種類もの栄養素を誇る食品なので、DHA以外にもバランスよく栄養を取れる宝庫です。食品なので、お子さまでも安心して飲んでいただけるという訳です。

いくらバランスの良い食事に気をつけていても、限界はあるもの。栄養の補助として、お子さまにもユーグレナを飲ませてあげるといいですね!

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

二日酔いにうんざりする女性の画像

二日酔いにユーグレナ!辛い症状を緩和できる理由とは?

頭痛、吐き気、腹痛、脱水、眠気…「もう2度とお酒は飲まない」なんて、誓いたくなるほど辛い二日酔い。そんな二日酔いに、なぜユーグレナ(ミドリム…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る