過剰摂取はトラブルの元「ナトリウム」

このカテゴリーでは、ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる成分をひとつずつ紹介しています。
今回は必須微量元素(必須ミネラル)の「ナトリウム」です。

塩=塩化ナトリウムとして身近に存在

食塩のイラスト

ナトリウムは、塩(塩化ナトリウム)という形でわたしたちにとって身近な成分です。

体内に約60g含まれ、ほとんどが細胞の周辺の体液(細胞外液)に、残りは骨や細胞内液に存在します

塩分の摂りすぎを警告するアナウンスをあちこちで見かけるため、すっかり悪者扱いのナトリウム(塩分)ですが、体内において以下のような重要な働きをしています。

  • 細胞内外の体液バランスを維持
  • 酸性・アルカリ性のバランスをとる
  • 神経の情報伝達

ただ、やはりナトリウムの過剰摂取には注意が必要です。

 慢性的な塩分の過剰摂取は、高血圧や胃がん、鼻咽喉がんなどのリスクが高くなる と言われています。

まとめ

血管内のナトリウム濃度が高くなることで血液の量が増え、結果として高血圧の状態となります。

私たちは年を重ねるにつれて濃い味を求めるようになってしまいがちです。
それは塩分の過剰摂取への道となります。

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

アンティークな時計の画像

アンチエイジングにもユーグレナ。

日本語にすると「抗老化」や「抗加齢」といった、若返りの意味を持ちます。特に美容で使われることが多いですが、アンチエイジングには「時に逆らう」…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る