ミドリムシに含まれる成分シリーズ(ミネラル) 美肌を作るコラーゲンの生成に関わる「銅」

このカテゴリーでは、ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる成分をひとつずつ紹介しています。
今回は微量元素(ミネラル)の「銅」です。

栄養機能食品に追加された重要成分

栄養機能食品のイラスト

銅は人類に最も古くから知られている金属で、武器や青銅器といった形で利用されてきました。
中学、高校時代の化学の実験でもお馴染みの銅は、私たちの体内でも活躍しています。
その量は全体で約80mg。
1円硬貨の1/10以下という微量ですが、非常に大切な役目を担っています。

体内に摂りこまれた銅はタンパク質と結合し、電子の伝達や酵素の輸送などに深く関係しています。
また、体内の抗酸化や細胞呼吸、赤血球の中のヘモグロビンやコラーゲンの合成などにも不可欠な成分なのです。

2004年3月、厚生労働省は食品に含まれる栄養成分を表示できる 「栄養機能食品」に銅、マグネシウム亜鉛の追加を告示 しました。

栄養機能食品」とは、栄養成分(ミネラルやビタミン)の補給に利用する食品です。

特に高齢者や食生活の乱れがちな方が、銅やその他のミネラル不足になることが増えているということなのかもしれません。

健康な血液、美しい肌を作るコラーゲン生成に不可欠

頬に手を当て微笑む女性のイラスト

銅を多く含む食品は、レバー、ナッツ類、ゴマ、カニ・エビ・イカ、納豆などが挙げられます。

私たちの体内では、食事などによる銅の摂取量が少ないと吸収率が高まり、多いと低くなるという調整機能が働くようになっています。
そのため、通常の食生活を送っていれば銅が欠乏することはほとんどありませんが、極度に不足すると

  • 白血球の減少、赤血球が短時間で壊れるといった原因による貧血
  • 皮下出血
  • 血管の損傷
  • 心肥大
  • 疲労感

といった症状が起こりやすくなります。

まとめ

ヘモグロビンやコラーゲンの合成に深く関わっている銅は、健康な血液や細胞、みずみずしい肌など保つために重要な成分です。

正しい機能保持のため、しっかりと摂取するようにしましょう。

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

錆びた鎖の画像

ユーグレナの抗酸化作用で、身体の内側から老化を防ぐ!

同じ年齢なのに若く見える人がいます。それを握るのが「活性酸素」。単語だけ聞くと、身体に良さそうですが、実はこれが 老化のスピードを左右 して…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る