体のあちこちに潤いをもたらす「リノール酸」

このカテゴリーでは、ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる成分をひとつずつ紹介しています。今回は不飽和脂肪酸に分類される「リノール酸」です。

マイナス面は他の必須脂肪酸がカバーしてくれる

エビフライを揚げるイラスト│ミドリムシ(ユーグレナ)や食用油などに含まれる「リノール酸」とは?

リノール酸は、体内で作ることができない必須脂肪酸です。つまり、食品からしか摂取することができない成分です。
その他の必須脂肪酸については【血液をサラサラにして生活習慣を予防する「DHA」】をご覧ください。

リノール酸は血液中のコレステロールを減らすことで動脈硬化を予防する効果が期待できる成分です。また、私たちの体を作っている細胞の細胞膜を構成し、さらに肌や髪に潤いを与えて乾燥から守る働きもあります。

しかし、リノール酸の過剰摂取には注意が必要です。

リノール酸は一般的な植物油の主成分であり、価格が安いので多くの加工品などで使用されていますが、オレイン酸とは異なり、リノール酸は悪玉(LDL)コレステロールと同時に善玉(HDL)コレステロールの値も下げてしまうことや、過酸化脂質を増やしてしまうことが分かっているのです。

まとめ

リノール酸は通常の食事で目標摂取量をクリアできる成分です。そのマイナス面は、リノレン酸DHAEPAなどの必須脂肪酸とバランスよく摂取することで補完できます。

すべての必須脂肪酸を含有しているユーグレナ(ミドリムシ)サプリメントでの摂取もオススメです。

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

良好な肌の具合を確かめる女性の写真│ユーグレナの化粧品は肌に良い効果が期待できる

ユーグレナ化粧品で艶肌に?3つの美肌効果の謎に迫る!

59種類もの栄養素を含んだ注目の栄養食品のユーグレナ(ミドリムシ)。 実は、そのユーグレナは「化粧品」の成分としても数多く商品化され、…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る