学習や記憶力を向上「アラキドン酸」

このカテゴリーでは、ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる成分をひとつずつ紹介しています。今回は不飽和脂肪酸に分類される「アラキドン酸」です。

不足すると物忘れや認知症など脳の老化を招く

物忘れをするおじいさんのイラスト│ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれ不足すると物忘れや認知症など脳の老化を招く「アラキドン酸」とは?

アラキドン酸は脳に多く含まれるほか、肝臓や皮膚など体のあらゆる細胞存在する不飽和脂肪酸です。体内ではリノール酸から生成されますが、十分な量を作ることができないため必須脂肪酸に分類されています。
その他の必須脂肪酸については【血液をサラサラにして生活習慣を予防する「DHA」】をご覧ください。

アラキドン酸は、脳を構築する神経細胞の主要成分であり、DHAなどの脂肪酸とともに神経細胞を活計化します。そのため、学習や記憶力の向上に効果がある成分と言われています。

特に胎児には大事な成分だが、成人は過剰摂取に注意!

お腹の中にいる可愛い赤ちゃんのイラスト│ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれる「アラキドン酸」は胎児には大事な成分

妊娠中から生後1年くらいまでの胎児の脳の成長・発達スピードは尋常ではりません。だからこそ、その期間の胎児にはアラキドン酸の補給が不可欠です。お母さんはアラキドン酸をはじめとする脂肪酸を積極的に摂取することが推奨されています。

また、細胞膜に存在するアラキドン酸は、酵素によってプロスタグランジンというホルモンに変換されることで、以下のような機能に深く関わっています。

  • 免疫機能の調整
  • 血圧の調整
  • 血液中のコレステロール値を下げる

アラキドン酸を多く含む食品は以下が挙げられます。

  • 肉類
  • 魚類
  • レバー

実は日本人のアラキドン酸摂取量は過剰気味と言われています。原因は食生活の欧米化や リノール酸 の摂取過多などです。

アラキドン酸の過剰摂取は、大腸がんや皮膚がん、前立せんがん、アトピー性皮膚炎などを誘発してしまいます。

まとめ

アラキドン酸含む食品がのみなみ高カロリーであることも、私たちにとっては悩みの種です。成人は過剰摂取の傾向にあるものの、さっぱりした食事が多くなる高齢者や野菜中心の食生活の方は不足しがちです。

カロリーを気にせず、大事な栄養素が摂取できるユーグレナ(ミドリムシ)サプリメントの活用もひとつの方法です。

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

薬を使わず便秘解消!ユーグレナで腸活、お腹スッキリ!

薬を使わず便秘解消!ユーグレナで腸活、お腹スッキリ!

水分をたくさん摂っても、運動しても、野菜をモリモリ食べてもちっとも改善しない便秘。 お腹が張って痛くなったり、気分がスッキリしなか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る