なんとユーグレナで美白まで?紫外線にも有効!

夏の強烈な日差し、対策はどうしていますか?実は真夏より、急に紫外線が強くなる春先からケアは必要なのです。

紫外線がお肌によくないことは知られていますが、浴びてしまった紫外線をなかったことにしてくれる効果が、ユーグレナ(ミドリムシ)にはあったのです!

スキンケアをする女性の画像

紫外線は、なぜお肌に有害なのか?

紫外線は、日光に含まれる太陽光線の一種で、その波長の長さにより「UV-A」「UV-B」「UV-C」とに分けられます。このうち、AとBがお肌に影響を与えているのです。UV-Aは日焼け(黒くなる)を起こし、UV-Bはサンバーン(赤くなる)を起こし、どちらもお肌にいいとは言えません。

最近では、肌の焼きすぎは皮膚癌を発症するとして、子どもへのUVケアを促す動きもあります。紫外線を浴びると、お肌はシミ、シワ、肌荒れ、ニキビなど、さまざまな症状を起こすことがあります。 紫外線がお肌の栄養素を壊したり、炎症を起こさせたりする からです。

紫外線対策、どうしたらいいの?

日傘をさす女性の画像

外出する時は、顔や腕など日が当たる場所には必ず日焼け止めを塗りましょう  。デコルテや首の後ろなども忘れずに。

また、UVカット素材の長袖シャツを羽織ったり、帽子、日傘などでできるだけ紫外線を浴びない工夫をしてください。可能ならば、できるだけ10時から14時の間の外出は避けましょう。

それでも、完全に紫外線を防ぐことはできません。屋内でも、窓を通して紫外線は容赦なく入ってきます。では、浴びてしまった紫外線は、どうしたらいいのでしょうか?

ユーグレナのパックが、紫外線に効く?!

ユーグレナを配合した化粧品も、今は手に入るようになりました。実はユーグレナ、食品としてだけでなく、外からでも効果を発揮してくれることがわかっています。

「緑の宝石」とも呼ばれるユーグレナは、 ミネラルアミノ酸を豊富に含み、紫外線を浴びてダメージを受けた細胞を、元気にしてくれる のです。一番効果的なのは、「ユーグレナパック」。シートマスクも市販されていますが、お手持ちのユーグレナ配合化粧水でコットンパックしてもいいでしょう。

傷んだお肌を修復し、美しく白い肌に導いてくれますよ!

まとめ

ユーグレナは藻の仲間です。

食品として内側からも身体を健康に美しくしてくれますが、外側からのアプローチにもしっかりその実力を発揮してくれるのですね!

これはもう、美肌の強い味方!紫外線を浴びないように気をつけながら、ユーグレナパックで夏の肌トラブルを起こさず、夏を思い切り楽しみましょう!

関連記事

ミドリムシエメラルド無料おためしモニター募集中!

ピックアップ記事

二日酔いにうんざりする女性の画像

二日酔いにユーグレナ!辛い症状を緩和できる理由とは?

頭痛、吐き気、腹痛、脱水、眠気…「もう2度とお酒は飲まない」なんて、誓いたくなるほど辛い二日酔い。そんな二日酔いに、なぜユーグレナ(ミドリム…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る