石垣島のユーグレナが世界へはばたく!今、大注目の島。

あのNASAさえ成し得なかったユーグレナ(ミドリムシ)の大量培養に世界で初めて成功したのは、東京大学発のベンチャーとして設立された株式会社ユーグレナです。

場所は、沖縄県石垣島。豊かな石垣の自然環境が、ユーグレナを育みました。

石垣島

世界に発信できる島へ

培養しても、あらゆる生物のエサとなってしまうユーグレナは、各所で注目され研究されてきたにも関わらず、なかなか大量培養に成功しませんでした。

世界で初めて、ユーグレナの屋外大量培養に成功したのは、沖縄県の石垣島です。1年を通じて気温は23℃以上、天気もいいことから、光合成に必要な太陽をいっぱいに浴びることができます。

さらに、島の中央あたりに位置する山からの地下水は、非常に良い水質なのです。これにより、大量培養を可能にしただけでなく、 食品として安心で安全なもの 
を育てることが可能になったのです。

「石垣産ユーグレナ」がブランドに

株式会社ユーグレナ社ロゴ

にわかに流行っているユーグレナ(ミドリムシ)ですが、一般に知られるようになると出回るのがニセモノです。しかし、この「石垣産ユーグレナ」は、ユーグレナ社により厳しく品質管理されており、販売においてもユーグレナ社のお墨付きである緑のうずまきマークを目印としています。

世界にはばたくブランドとして、世界の食糧事情、環境やエネルギー事情を救うべく、ユーグレナは大切に育てられています。

まとめ

青い海、緑深い山々。美しい水に燦々と降り注ぐ太陽。ゆったりと流れる時間。これらが、ユーグレナを育み、わたしたちの健康と美を与えてくれるのですね!

石垣島へ感謝の意を込めた、ユーグレナ社の 「みーふぁいゆ(ありがとう)プロジェクト」 も、社会貢献に役立っています。

関連記事

ミドリムシサプリメント

ピックアップ記事

錆びた鎖の画像

ユーグレナの抗酸化作用で、身体の内側から老化を防ぐ!

同じ年齢なのに若く見える人がいます。それを握るのが「活性酸素」。単語だけ聞くと、身体に良さそうですが、実はこれが 老化のスピードを左右 して…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る